09秋「世にも奇妙な物語」 - ドラマな人々@遊Blog

09秋「世にも奇妙な物語」

こんにちは。
遊(ゆう)です。

今週月曜日に放送された「世にも奇妙な物語」
09’秋の特別編を観ました。
テレビドラマの話題としては古くなってしまいましたが、
今回の作品や過去のシリーズについて、少しだけ…。


残念ながら、1本目の井上真央ちゃんの「検索する女」は
見逃してしまいましたので、コメントしませんね。

で、残りの4作品

生田斗真さんの「自殺者リサイクル法」…
伊藤淳史さんの「理想のスキヤキ」…
釈由美子さんの「呪い裁判」…
石坂浩二さんの「夢の検閲官」…

の中で、どれが面白かったか?
と振り返るのですが、強いて言えば自分でも意外な
感じですが、「理想のスキヤキ」でしょうか?…

たぶん、「えっー!?ウッソー!」とう人もいると
思います。

ま、人それぞれですよね?(笑)

けっこう、見終わった後に「???」…と気になって
しまうというパタンが、「世にも奇妙…」シリーズ
っぽい…とう側面とわりかし斬新?という印象が
あいまっていたような気がします。

「世にも奇妙な物語」は、いつもその時代の特徴
なんかを、テーマやエッセンスとして盛り込んで
つくっていたりしますよね。

そーした観点でもみると…

「自殺者リサイクル法」は、不況が原因で増加しつづける
自殺者という社会問題を取り上げているし、
釈由美子さんの「呪い裁判」は、導入されたばかりの
裁判員制度が題材だし、
石坂浩二さんの「夢の検閲官」は、ストレス社会で
なかなか安眠することすらままならない現代人の
夢を検閲するという切り口…

「夢の検閲官」は、最後は親子の絆のような感動もの
でまとめてますけどね。

いずれにしても、時代を切り取っている作品だと思う
んですが、「理想のスキヤキ」だけ、ちょっと違うよ
うな感じがします。

見逃しましたけど、「検索する女」なんか、まさに
時代そのものですもんね。

「理想のスキヤキ」って、家族にはそれぞれ他人には
わけわからないルールや習慣がある…特に、食生活は
理解できたり、できなかったり…
許せたり、許せなかったり…
といったルールがあるような気がします。

そんなたわいもないテーマから入っていきながら、
スキヤキ奉行の心のつぶやき、叫び、怒り、許し…
などが錯綜してくんですけど、途中、ちょっと
伊藤淳史さんの演技が暑苦しく感じたりもしましたが、
スキヤキの締めで最後に出てきた”大型コーヒーゼリー”
のようなものが出てきて、すべて許すことが出来ました。

最初はとまどった伊藤さんも夫婦となった後は、一家で
スキヤキの締めに謎の”大型コーヒーゼリー”を美味しそう
に食す…という落ちで終わるんですよね。

で、結局あのコーヒーゼリーのような物体はいったい
何なのかが分からずじまい。

その昔、草刈正雄が主演した「ズンドコベロンチョ」と
いう作品がありましたが、あれも結局、
「ズンドコベロンチョ」の意味がわからず、観終わった
後に?????と気になったものです。

今回の「理想のスキヤキ」も、そんな感じで楽しめました。

その他、「自殺者リサイクル方」は、最後に「死にたくない」
と言わせるところが、ちょっと教科書っぽく、道徳の臭いが
してしまうのが玉に瑕です。
それに、このリフレイン型のストーリー展開もかなり使い
ふるされたものなので、もう、ひとひねり欲しいところ
でした。

釈由美子さんの「呪い裁判」は、裁判員と犯罪者が相対する
(顔を見られる)ことからくる、裁判員の恐怖心というのが、
テーマのひとつだと思うんですけど、最後に
「みんな呪い殺したい人はいる…」という感じで、次々と
呪いで人が死んでいき、被害者になるかと思っていた釈さん
も呪い殺す加害者になってしまうという落ちは、いかがな
ものかなぁ…と思いました。

なんだか、安易すぎるというか…

石坂浩二さんの「夢の検閲官」も、悪くないんですけど、
なんだか深く掘り下げすぎたといいましょうか…
練りに練りすぎた作りになった作品のような印象です。

もっとシンプルなものが好きです。

以前はYou TUBEで「世にも奇妙な物語」の過去作品を
数多く観ることができたんですけど、今はほとんど
削除されてしまったみたいですね。(涙)

でも、今なら貴重な作品を観ることが出来ますよ。

1994の七夕の特別編でオンエアされた作品のひとつ。
柳葉敏郎さんと水野真紀が出演された「時の女神」
という作品です。

すごくシンプルなつくりで、たんたんと展開し、
最後に涙がとまらない…

そんな心温まるミステリーです。
これも、いつ削除されるかわかりませんから
観たい人は早く観たほうがいいですよ。

3つのファイルに分かれてます。
ラストは感動です。

下のリンクからどうぞ。

★1994世にも奇妙な物語「七夕の特別編/時の女神」★

「世にも奇妙な物語」は、過去の作品の中に、名作、傑作が
数多くあります。テレビドラマ史上…また、日本のミステリー
ドラマ史上という意味合いからも、かなり大きな価値と役割
を担ってきた感があります。


(世にも奇妙な物語1DVD 1990年の初期作品から)


★PR 世にも奇妙な物語2DVD 1990年の初期作品から★


★PR 世にも奇妙な物語3DVD 1991年の作品から★


★PR 世にも奇妙な物語4DVD 1992年の作品から★


★PR 世にも奇妙な物語DVD 1994年の作品から★


★PR 世にも奇妙な物語DVD 1996年の作品から★


★PR 世にも奇妙な物語DVD 1997年の作品から★


★PR 世にも奇妙な物語DVD 15周年の特別編★


★PR 世にも奇妙な物語DVD SMAPの特別編★


歌謡界でいえば、ミステリードラマの「紅白歌合戦」とでも
いいましょうか?
それくらいの季節ごとの恒例番組になってますよね?

仮にタモリが倒れてしまっても、「世にも奇妙な物語」は
永久に不滅のような気がします。

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。



タグキーワード
2009-10-09 13:27 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。