「相棒」season8いよいよ - ドラマな人々@遊Blog

「相棒」season8いよいよ

こんにちは。
遊(ゆう)です。

NHKの「チャレンジド」にはじまり、TBSの「Jin-仁」が
つづき、ドラマ好きの視聴者としては、このうえない
スタートを切った2009秋シーズンのように思い、かってに
喜んでいます。(笑)

そして、今夜はいよいよ「相棒」season8がスタートですね。
杉下右京の新相棒、神戸尊とのコンビネーションはどんな
感じになるのでしょう?

高まる期待と一抹の不安…
そこは脚本の輿水泰弘と和泉聖治監督のコンビネーションで
期待以上に仕上げていただけるものと期待します。


みなさん、既にご存知かもしれませんが、第一話のあらすじは、
こんな展開になるそうです。

【1話あらすじ】
ロンドンから帰国した右京(水谷豊)をたまき(益戸育江)と
尊(及川光博)が出迎える。
尊の車で都内に戻る途中、右京は“警視庁”と書かれた
白バイが管轄外であるはずの高速で白い車を止めていたのを
目撃。
2人はその白バイを追うが、パーキングエリアで見失ってしまう。
警視庁に戻り白バイのナンバーを照合すると、ナンバーが偽造と
判明。気になった右京と尊は白い車の持ち主・今宮の家を訪ねる。
すると、家の床下から今宮の死体を発見する。

いっぽう、小野田(岸部一徳)の元に、本多(古谷一行)という
男から電話が入る。
本多は指名手配中の左翼過激派「赤いカナリア」の幹部の1人で、
その昔、小野田とは友人同士だった。国外逃亡していたが、娘を
人質に取られて帰国し、テロ活動の実行を強要されているという。
話を聞いた小野田は、本多の一人娘・茉莉の安全を確保するよう
特命係に命じ、右京と尊は茉莉が勤める区役所を訪ねる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ところで、「相棒」シリーズのノベライズ
も人気のようですが、「相棒」の原点であるプレシーズンから
脚本を担当し、今晩season8初回の脚本を担当された輿水泰弘
氏のプロフィールをまとめておきます。

輿水泰弘(コシミズヤスヒロ)
1960年生まれ、埼玉県出身。大阪芸術大学卒。フリーのコピーライター
を経て、93年、テレビドラマ「La cuisine」で脚本家デビュー
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

では、2時間スペシャルを楽しみに待つことに。




タグキーワード
2009-10-14 10:02 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。