水谷豊の「幸福」 - ドラマな人々@遊Blog

水谷豊の「幸福」

こんにちは。
遊(ゆう)です。
ご訪問いただき、有難うございます。

これまで俳優としてのキャリアを積み上げ、
確固たる地位を築いてきた水谷豊さんですが、
テレビ朝日「相棒」シリーズのヒットで、ドラマ界
における不動の地位を築いた感があります。

「俳優」という職業には、「映画俳優」「テレビ俳優」
などというように、頭に「映画」「テレビ」が付き、
主な活躍場所を限定するような表現を使う場合があります。

水谷豊さんの場合、その出演歴を見てみると、鮮烈な
イメージで記憶に残る役柄が多いものの、そのほとんどは
「テレビ」の世界にあったことに気づきます。

そんな水谷豊さんの貴重な主演映画作品が発売されると
いいます。
タイトルは「幸福」
巨匠市川崑監督の幻の傑作だそうです。




映画「幸福」が、何故、今DVDとして甦るのでしょう。

それは、やはり俳優としての水谷豊さんの功績、人気
によるところが大きいのではないでしょうか。

そんな意味からも、水谷豊さんの歴史を少し振り返り
たいと思います。


水谷豊さんは、テレビの中で様々な役柄を演じながら、
その役柄が水谷さん本人の人柄と重なって見えるほど
視聴者に対して強烈な印象を与えていたように思います。

たとえば、1974年の水谷豊さんの出世作「傷だらけの
天使」


人がよく、ナイーブなチンピラ「乾亨」(いぬいあきら)
というキャラクターは、萩原健一さん演ずる木暮修ととも
に、多くの共感を得た登場人物になりました。

萩原健一に対し、「ア〜ニキ〜」と少し情けなさげに
呼びかける様子は、よく物まねをされたものですね。

それに先立ち、あの「太陽にほえろ!」に犯人役
などで、それぞれ別の登場人物として4度も出演
しているのも、俳優としての力量が認められていた
からでしょう。

1970年代前半の水谷豊さんは、当時の若者たち同様に
社会に抗(あらが)い、反発・抵抗しながらも挫折し
ていった若者たちの姿と重なる役柄が多かったと思い
ます。

主演映画としては代表作だろう「青春の殺人者」
そうだったように記憶していますし、「傷天」の
乾亨にも反社会のイメージがありました。

そうした反社会性の立ち位置から社会人としての
立ち位置に移るきっかけになったドラマが、
(かってに私が思っているだけですが)
NHKの「男たちの旅路」というドラマです。

警備員のお話です。

鶴田浩二さん、桃井かおりさん、森田健作さんらと
共演したシリーズもので、社会に馴染めない部分と
社会のために何かをしたい部分とが共存した若者像
を絶妙な匙かげんで演じてられたように思います。



山田太一さんの脚本であり、NHK土曜ドラマの歴史に
おいても5本の指に入る傑作ドラマではないで
しょうか?


不朽の名作「男たちの旅路」全5巻

1978年からは、北野広大という一人の教師像がブームに
なりましたね。

「熱中時代」…観てましたか?

独特のイントネーションで話すキャラクターは、
それまでの犯人役やチンピラ役、挫折する若者像とは
全く異なりました。

熱中時代DVD-BOX

翌年に、「金八先生」という強烈なキャラクター教師像が
登場しますが、その先鞭をつけた個性的な教師像だった
ように記憶しています。

そして、以前のブログで書きましたが、ミステリードラマの代表である
「浅見光彦シリーズ」も水谷豊さん無しでは、ここまで
長く、数多くの俳優さんが演じることもなかったでしょう。

浅見光彦=水谷豊 水谷豊=浅見光彦 というように
水谷豊さんは、どの時代でもどのドラマでも、役柄と
ご本人の区別がつかなくなるほど、その役柄をご自身の
ものにされる稀有な才能の俳優さんだと思います。



1980年代以降は、がぜんルポライターや探偵、刑事役
など、犯人を追及する側にまわっていきます。

そして、どのドラマでもやはり水谷豊さん以外には
考えにくい役柄であり、それぞれが印象深いドラマ
です。

水谷豊さんが出演されるミステリーならば、まず、
面白い作品、と思って間違いがない…と思えるほど
水谷ブランドはテレビドラマ界に定着していきます。

「相棒」は、そんな水谷豊さんの歴史の延長腺上に
あるわけです。

こうしたテレビドラマ界における活躍のいっぽうで、
映画俳優としての知名度はそれほどではありません。

私自身、「青春の殺人者」以外に、水谷豊さん主演の
映画作品というのは観た記憶がありませんでした。

そんな折、市川崑監督水谷豊さん主演の映画「幸福」
がDVDで発売されるといいます。

1981年の作品。
市川崑監督後半期の幻の傑作といわれる映画作品…。

知りませんでした。

都内の書店で起こった発砲事件の真相と、事件を追う
刑事たちの人生模様を描いた人間ドラマ。

水谷豊さんが、テレビドラマの世界で、反社会性の
役柄から社会性をもつようになっていった時期と重な
ります。

単なるミステリーに終わらずに、深い人間描写、豪華な
出演人、そして市川監督独自の映像美など、非常に
価値ある一作に仕上がっているそうです。



DVDとブルーレイの両方対応のハイブリッドディスクで、
新たにフィルム原版から作成したHDマスターを使用した
本編映像のほか、水谷さんのインタビューなど30分の
映像特典も収録されているそうです。

初回プレスのみの限定版。
水谷豊さんファンなら…見逃せないところですね。(笑)


それでは。
今晩はNHK「行列48時間」ですね。
楽しみです。
ブログ情報源ランキング



タグキーワード
2009-10-30 09:34 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。