「小公女セイラ」第6話(視聴率8.4) - ドラマな人々@遊Blog

「小公女セイラ」第6話(視聴率8.4)

こんにちは。
遊(ゆう)です。
ご訪問いただきありがとうございます。

「小公女セイラ」第6話
を観ました。

本日も斉藤由貴さん、飛ばしていましたね。(笑)
ちょっと飛ばしすぎて…

テンションが高すぎたかも…(笑)

それにしても、院長先生と笑美子先生のやりとりは笑えます。

「あなた、丸い顔して心は悪魔ね…。」
「それを言うなら、可愛い顔して…でしょ。」

軍配は院長先生!
斉藤由貴さんの顔は、ほんとに「丸い」という表現がピッタリ。

この二人のシーンは本筋というより、ドラマのスパイスのよう
なものですね。

毎回、とても良い味付けをしてくれています。


さて、本題に戻りましょう。

修学旅行中の留守番をせずに、カイトの実家に行った
セイラ。
院長の逆鱗にふれ、学院から出て行くように命じられ
ます。

そんな折、笑美子先生の旧友の娘、路美ちゃんを
学院で預かることになります。

この路美ちゃん、父親の前ではいい子なのに、一人に
なると、誰にもなつかずに、大声で泣き、暴れる
手のほどこしようのない子。
実は路美ちゃん、母親と死別したかわいそうな子でも
あります。

弱りはてる笑美子先生と院長先生。
ところが、セイラが抱きしめると路美ちゃんは泣き止んで
しまいます。

「セイラママ!」

すっかりセイラのことが好きになってしまった路美ちゃん。
二人はまるで本当の肉親のように仲良くなります。

笑美子先生は、父親が戻るまでセイラを路美ちゃんのお守役
として学院に残すように提案し、しぶしぶ院長は承諾。

そんな中で、本日のメインイベントが繰り広げられました。

セイラ VS 院長先生

おおよそ、次のようなやりとりです。

院長「父親が本当に戻ってくるかわかったもんじゃないわ。」

セイラ「院長先生!あなたは間違っている。」

院長「何を言ってるの。」

セイラ「路美ちゃんと別れる時のお父さんの顔を見なかった
   のですか?何が正しく、何が間違っているか、それは
   使用人である私にもわかります。院長先生、あなたに
   は人の心がわからないんだわ。」

院長がセイラに平手を打とうとする…


セイラ「叩くなら叩けばいいわ。
    でも、傷つくのは私じゃない!
    院長先生、あなたです」

院長、堪えきれずにセイラを叩く。


涙を流すセイラ。
そして、院長室に戻り、体を震わせて泣き伏す院長。

セイラの言ったとおり、院長の心は深く傷ついてしまった
様子。

この一連のやりとりで、セイラはこれまでに見せたことの
ないほどの強い態度を院長に対してとりました。
ほかのことならいざ知らず、親子の愛情の問題については
セイラはたとえそれが院長先生といえども、譲ることの
出来ないことだったのでしょうね。

ここだけを見ると、院長先生は冷酷な人。
でも、本当は違ったんですね。

その証人が亜蘭先生。

森で迷子になった幼少の頃の亜蘭先生。
それを見つけた学生時代のセイラの母。
泣き続ける亜蘭くんに手をこまねいていると、そこに
学生時代の院長先生が歩み寄り、しっかりと亜蘭くん
を抱き寄せます。
すると、どうしたことでしょう。
亜蘭くんは、スッと泣き止んでしまいました。

「あなたみたいに強い人には、
 弱い人の気持ちが分からないのよ。」


亜蘭先生は、院長先生の優しい心に触れ、そして今、
学院でフランス語の教師をしているんですね。

まるで、今のセイラと路美ちゃんのような関係だった
わけです。

さて、これから物語は後半へと展開していくわかですが、
院長先生のトラウマとなっているセイラの母との関係が、
これからどのように紐解かれていくのか…そのあたりの
脚本と演出が楽しみです。

そして、頑なな院長先生の心が、いつ、どのような
タイミングで溶けていくのでしょう。

いっぽう、カイトとセイラの関係は、どんなふうに
発展するのでしょうか?

楽しみです。ブログ情報源

それでは、今日はこのへんで。
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

気が向いたら、また、お立ち寄りください。

売り切れ店続出です!
「小公女セイラ」初回盤オリジナルTVサントラ


-UVERworld が歌う「悲しみはきっと」-

トップに戻る




タグキーワード
2009-11-21 20:51 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。