空飛ぶタイヤ - ドラマな人々@遊Blog

空飛ぶタイヤ

こんにちは。
遊(ゆう)です。
ご訪問いただきありがとうございます。

今日は、おススメドラマ「空飛ぶタイヤ」のお話し。
すでにご覧になった方も多いと思います。

WOWOWの「連続ドラマW」第3弾作品です。
とにかく、実話をもとにした見ごたえある本格的な社会派ドラマ
です。

「ライアーゲーム」には、付いていけない私ですけど、
こういうドラマにははまります。


(DVD-BOX)


このドラマ、観た方はおわかりのように、「三菱自動車」の
リコール隠し事件がベースになっています。

2000年から2004年くらいに頻発した一連の
三菱自動車が起こした事故…ご記憶の方も多いのでは
ないでしょうか。

直木賞候補にもなった池井戸潤 さんの作品、
「空飛ぶタイヤ」
が原作です。

ハブの不具合で、走行中の大型トラックのタイヤが外れて
歩行者を直撃し、死亡させてしまうという、このドラマの
題材は、そのこと事態まったく事実のとおりで、ドラマ
とはいえ、もはやフィクションというよりもノンフィク
ションに近い内容です。

そういう観点からすると、日航ジャンボ機の墜落事故を
扱った「クライマーズハイ」と少し似ているかもしれま
せん。

事故の規模、社会的影響などを考えれば、日航機事故の
「クライマーズハイ」に及ばないかもしれません。
しかし、「タイヤの脱落」の真相の究明に走る運送会社側と
リコール隠しに躍起になる大企業の自動車会社側、また、
グループぐるみでの中小企業叩き、マスコミのあり方
などを含めた物語の構成は、とても見ごたえのある
作品になっています。

運送会社の「整備不良」か…
それとも自動車会社の「欠陥」か…

「中小零細企業」VS「大企業」という分かりやすい図式は
「真相追及」⇔「真相隠蔽」という対立として描かれます。

事故当事者となる運送会社の社長(仲村トオル)が、会社を
守るため、家族を守るため、仲間を信じて真相解明に奔走
する姿には、大変心を動かされます。

ややもすると、この仲村トオル演ずる社長のヒーロー物語
のように思われますが、そうではありません。

事故原因をつくった大企業側にも「真相究明」のために
動く人たちがいます。
会社の体質改善を臨む内部告発者がいます。あるいは、
事故原因に疑問を持つ社員が独自に動こうとします。
また、自動車会社のグループである大銀行側にも、事故原因
を隠蔽する企業体質の改善を求める人物がいます。
真相究明に走るマスコミ(雑誌記者)の存在もあります。
「警察」もいます。

しかし、「真相」というのは、なかなか一筋縄ではいかない
ものです。

この「空飛ぶタイヤ」の「真相究明」には、二つの「勇気」
がありました。ぶれない「勇気」が。

一つは、運送会社の社長(仲村トオル)の大企業に挑む
「勇気」。
もう一つは、大企業である自動車会社の内部告発者
(尾野真千子)の「勇気」。

この二人のぶれない「勇気」がぶれる周囲を「真相究明」に
引っ張っていきます。マスコミも、警察も大企業を相手に
したときに、二の足を踏みがちですが、この二人の勇気ある
行動が、周囲の人間を真相究明へと引っ張っていきます。

そこがこのドラマの醍醐味があり、観るものを物語の中に
引き込んでいきます。

このドラマを観ていると、企業にとっての「正義」とは
何か、仕事としての「正義」とは何か、人としての「正義」
とは何か・・・というようなことを考えさせられます。

皆、何かを守ろうとしています。
組織を守ろうとし、社員を守ろうとし、家族を守ろうと
する。大企業も中小企業もそれは同じです。

ただ単に、大企業の不正を正すという勧善懲悪のような
お話しではないところに「空飛ぶタイヤ」の面白ろさ、
奥深さがあります。

監督の麻生学さんはじめ、運送会社社長の仲村トオル、
自動車会社常務の國村隼、内部告発者の尾野真千子、
警察の遠藤憲一、自動車会社社員の田辺誠一など
とても魅力ある実力は派の俳優さんたちの出演が
この原作を、この脚本をしっかりと支えています。

平成21年日本民間放送連盟賞 番組部門
テレビドラマ番組最優秀
東京ドラマアウォード優秀賞(連続ドラマ部門)
第26回ATP賞テレビグランプリ2009最優秀賞(ドラマ部門)
第26回ATP賞テレビグランプリ2009グランプリ


[PR]「空飛ぶタイヤ」オリジナルサウンドトラック


心揺さぶられるドラマです。
正直、涙を抑えることができませんでした。
いいドラマです。

まだの方は、是非。ブログ情報源

では。
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。


(DVD-BOX)
トップに戻る



タグキーワード
2009-12-02 04:19 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。