「相棒season8」第8話(視聴率18.0) - ドラマな人々@遊Blog

「相棒season8」第8話(視聴率18.0)

こんにちは。
遊(ゆう)です。
ご訪問いただきありがとうございます。


「相棒」第8話を観ました。

だんだん、杉下右京と神戸尊の距離感が近づいてきた
感じですね…チェスを通じて。(笑)

今日に限って言えば、神戸尊もその記憶力の正確さに
おいては杉下右京と同じ土俵で闘える、ということを
示せた…かも…しれません。(汗)


(相棒オフィシャルガイドブックvol2 面白いです)


でも、車を運転中にチェスをするとは…
チェスをするといっても、盤や駒は使わないで、
全てを頭の中でやってしまう!というところが
スゴイところ。

杉下右京なら、まあ、出来て当然なのかもしれませんが、
神戸尊も全ての駒の位置、駒の進め方を頭の中だけで
成立させてしまう能力があるなんて、なかなか、これは
侮れない存在ですね、神戸尊も。

杉下右京の趣味にあった良いお友達が出来たといった
ところでしょうか。

でも、この神戸尊の能力…物の位置関係の把握力、
記憶力が、時に、自分より早く反応してしまうと
ちょっとご機嫌斜めになる杉下右京が可愛らしくも
あり…

派手ではありませんが、これからも、記憶力などを巡って
丁々発止を展開していくのでしょうね、この二人は。

今回のストーリーは、一見単純そうに見えた事件が、実は
その裏があって…という、よく出来たシナリオなんですが、
ちょっと、作りこみ過ぎかも…と思ってしまいました。

単純なバスジャック事件の発生かと思いきや、そうでは
なく、バスジャックは狂言だったことが判明し…

全ては、バス運転手が企てた恋人への復讐劇か、と
思いきや、実は、全てのシナリオはバス運転手ではなく、
運転手に協力した女性客が書いたシナリオだった…
という結末に。

実は、バス運転手の恋人がレズビアンで、その女性客と
恋仲でありながら、バス運転手(当時は教師)とも
関係を結んでいたという三角関係。

女性客は意識的にバス運転手に近づき、恋人への復讐を
誘導し、バス運転手に実行させたというわけなんですね。

ちょっと、複雑です。

ただ、レズにしてもホモにしても、同性愛をひきづった
事件というのはどうも苦手です。
別に、同性愛には偏見はないつもりなんですが、サスペンス
としては苦手なんです。

ですから、以前、監察官の大河内(神保悟志)が同性愛者で
その恋人が殺害されたという事件を扱ったときにも、
どうにもこうにも、事件が解決してもすっきりしない気分
だったのを覚えています。

それに、レズビアン相手役の中川安奈さんも、かなり老けて
しまいましたから…。かつては、とてもお綺麗な方だったん
ですけど、嗚咽するそのお顔は、どことなく清川虹子さんを
彷彿とさせるほど、深い皺が刻まれていて、ちょっと
引いてしまいました。

今日の展開の中でうれしかったのは、「たまきさん」の
久々の登場です。

やっぱり「花の里」のシーンは必要です。
ホッとしますもん。
警察内で推理したり、犯人追跡してるばかりじゃ疲れます。
疲れを癒す、憩いの場、「花の里」で日本酒を呑むシーン
があると、視聴者のこちらも、ふぅ〜っと一息つけると
いうものです。

あのシーンの杉下右京と神戸尊の違和感ありありの様子も
楽しかったですね。
ま、「たまきさん」に間に入ってもらいながら、これからも
どんどん勝手にお邪魔しちゃってくださいネ!神戸さん。
ブログ情報源

 
season8サウンドトラック  お馴染みサウンドトラック

来週は「井上和香」さんがゲスト出演ですね。
楽しみです。
期待しましょう。


(相棒DS…新品残り2個 薫ちゃん!忘れないよ)

それでは。
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
また、暇を見つけていらしてくださいね。
トップに戻る



タグキーワード
2009-12-09 22:41 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。