「不毛地帯」第10話(視聴率10.8) - ドラマな人々@遊Blog

「不毛地帯」第10話(視聴率10.8)

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただき
ありがとうございます。

「不毛地帯」第10話を観ました。

ビジネスに関しては千代田自動車とフォーク…

人間の対立軸では
壹岐正(唐沢寿明)対里井達也(岸部一徳)…

そして、壹岐と秋津千里(小雪)の関係の深まり…

物語の車輪が、この三つの道筋を先週から辿り始めた
のですが、どうも、なかなか私はうまく乗れません。
全体的に動きが乏しく、やや停滞気味のような印象
さえ覚えます。



基本的に、千代田自動車とフォークの話しが、私には
あまり面白く感じられないというのが一つあります。

シベリア抑留から帰国した当初は、自衛隊という
デリケートな舞台で戦闘機をめぐる近畿商事と
東京商事のバトルが激しく繰り広げられ、そこには
壹岐正と鮫島辰三(遠藤憲一)の知と熱の闘いが
ありました。

また、第三次中東戦争においても、紅子(天海祐希)
を間に置きながらの情報戦を壹岐正と鮫島辰が
熾烈に繰り広げ、画面からもその熱気が伝わって
きました。

里井達也(岸部一徳)、その間、いつも壹岐と鮫島の
対立軸の脇にいたのです。二人の闘いを横目で見ながら、
壹岐に対する妬みを募らせ、憎悪していたのです。

その立ち位置が、里井副社長にはお似合いだったのです
が、どうも壹岐との一対一の闘いが続きすぎると、
あまり物語が動かないといいますか、無風の曇天の空の
ような景色のようで、灰色のままという感じがします。

やや退屈ってことですね。

まあ、原作あってのドラマですから、仕方ないのでしょう
けれども、もう少し「動」が欲しくなります。

秋津千里(小雪)と壹岐の急接近は、そうした意味からも
ある意味「動」であり、「熱」のパーツになるのかもしれ
ません。

演出や小雪さんの演技に関してなど、ディティールは
とても気に入っているシーンがあります。

今日で言うなら、小雪さんの「見返り美人」でしょうか?

壹岐正(唐沢寿明)が秋津千里(小雪)にコートを着せる
シーンが数回ありました。

千里の個展会場で…
ニューヨークで…

まだ、二人が結ばれる前のシーンでは、コートを肩にかけ
られる瞬間の千里の緊張した面持ちと、コートを着た後に
壹岐に振り返る際の思わず零れる笑顔…

とても印象的なシーンで、小雪さんの笑顔もとても素敵で
した。この笑顔の「見返り美人」の演出が、後のシーンで
生きてくるわけです。

壹岐と千里が結ばれた翌朝、これまで同様に壹岐がコート
を千里に着せようとすると、千里はぎこちなく、表情は
困惑します。
千里の心の動きが、その演出からとても印象的に伝わって
きました。

「恐怖」というと大袈裟かもしれません。
でも、千里自身が言っていたように、ひとたび関係を
もったことで、千里は自分自身の感情が、エネルギーが
どの方向に向かっていくのかが分からなくなってしま
ったのでしょう。壹岐との距離感がつかめなくなり、
自分を制御できなくなりそうな恐怖。

自分の知らなかった自分がそこに居る感覚…
そんな感じなのではないでしょうか?
恋愛を経験されている方なら、誰しも、似たような
体験をされてらっしゃるのではないでしょうか?

ダンスシーンも、なかなか良かったです。
互いの距離が、縮まっていくカット割と細かな演技は
丁寧に作られていて良かったと思います。

そうしたディティールは、とても好感が持てるのですが、
いかんせん、本筋の商社の世界がどうも…

早く、またダイナミズム溢れる、「動」の部分を
ビジネスのほうでも期待したいというのが、正直な感想
です。

鮫島がちょこっとしか出てこないと、少し寂しく感じて
しまいます。

2クールあるんです。
余程うまく展開させていかないと、ドラマが文学に
飲み込まれてしまうかもしれません。

ところで、来年の2月に「不毛地帯」のサウンドトラック
が発売されます。
坂本龍一が手掛けたメイン・テーマ楽曲を中心に
菅野祐悟の音楽、及び番組内での挿入楽曲、
トム・ウェイツの「トム・トラバーツ・ブルース」
収録された完全サウンドトラック盤です。
ブログ情報源



それでは。
このへんにしておきます。
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
また、暇を見つけて覗きにいらしてください。
トップに戻る



タグキーワード
2009-12-17 23:56 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。