龍馬伝1「上士と下士」視聴率23.2 - ドラマな人々@遊Blog

龍馬伝1「上士と下士」視聴率23.2

こんにちは。
遊(ゆう)です。
ご訪問いただきありがとうございます。

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第1話を観ました。

なるほど。
「龍馬伝」は三菱財閥の創業者、岩崎弥太郎の視点で
描かれる「坂本龍馬」の物語ということなんですね。

それにしても、福山雅治の龍馬はカッコイイ…
カッコよすぎです。

  


私は歴史は詳しくないのでお恥ずかしいのですが、
龍馬というのは幼少の頃は、ずいぶん臆病なキャラ
だったんですね。

いわゆる「弱虫小僧」といった描かれ方でした。

年老いた父に甘やかされて育てられ、病に伏している
母に励まされ、男勝りの姉に鍛えられる幼少期…

そんな龍馬が目の当たりにした現実が、上士と下士
の身分の違いでした。
今でいうなら、官僚の世界のキャリアとノンキャリアの
ような違いなのでしょうか?

まあ、武士といっても、歴然としたヒエラルキーが
存在していてわけです。
子どもの頃、龍馬が上士を転ばせてしまい、手討ち
になりそうになったその瞬間、病床の母が息子の命を
助けるために雨の中をはせ参じ、上士に対し土下座をし、
龍馬の命とひきかえに、自分を手討ちにして欲しいと
ひれ伏して頼み込みます。それを見た上士は、手討ち
を翻し、龍馬を帰します。
しかし、無理をした母は、帰らぬ人に…。

この時、龍馬は「憎しみは何も生みはしない。母はそのこと
を身をもって示してくれた。人の心を動かすのは、憎しみや
暴力ではない。」というようなことを教えられたということ
です。

だから、大人になった龍馬も決して心を荒立てない。
上士の横柄な態度、下士を人とも思わぬ所業の数々に対して
も、決して憎しみからあだ討ちなどということを考えない
んですね。

上士に抗った岩崎弥太郎が手討ちにされそうになったとき、
龍馬は上士の刀の鞘を抑え、堪忍して欲しいと懇願します。
そう、幼少期に自分を救った母のように。
顔面を下駄で殴打されようと、岩崎弥太郎の代わりに頭を
下げ続ける龍馬を見て、弥太郎は何故そんなにまでして
上士に諂(へつら)うことがあるのか、と龍馬に問います。

「憎しみからは何も生まれない。」

龍馬が母の教えを弥太郎に伝えます。

そうした龍馬の姿を見て、周囲の人々は龍馬の人間性に
惹かれていくんですね。姉も含めて。

上士も下士もない世界をつくりたい…そのために自分は
何をすべきか。
そう問い続ける龍馬…そんな龍馬を見て、姉はこう言います。

「土佐は小さい。龍馬のやりたいことはここではできない。」

折りしも、ペリー提督率いる黒船が浦賀沖に…


まあ、初回なので、龍馬の人となりのバックボーンの
説明の回だったように思います。

福山龍馬について言えば、今のところ
ちょっと天然でおおらかな優男という印象ですかね。
Jin-仁で内野聖陽さんのちょっと強烈な龍馬を観たばかり
なので、とてもマイルドな印象です。
土佐人というより、福山さんはやはり異国情緒あふれる
長崎人なのかもしれませんね。

ま、それはそれ。
福山龍馬もまた、楽しみです。

また、初回の今回、短い出演でしたが、母親役の
草刈民代さんの演技はなかなか良かったです。

岩崎弥太郎役の香川照之さんが良いのは言わずもがなです。

ちょっと違和感があったのは、加尾役の広末涼子さんで
しょうか…演技どうこうでなく、やはり顔が母の顔になって
しまってます。もう少し若い女優さんでもよかったのでは?
ブログ情報源

とにもかくにも、始まったばかりです。
平成の龍馬を楽しみにすることにしましょう。

それでは。
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
また、暇な時にでも覗きにいらして
ください。


福山雅治主演、2010年大河ドラマを徹底ガイド!
幕末の風雲児・坂本龍馬の生涯を、同時代屈指の
経済人・岩崎弥太郎の視点から描く、NHK大河ドラマの
ガイドブック。豪華俳優陣の[配役紹介+インタビュー]、
ドラマ前半の[あらすじ]、[主要キャスト座談会]
[舞台地紹介][歴史特集]など、内容充実の1冊。


トップに戻る



タグキーワード
2010-01-04 00:33 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
当サイトのランキングに載っているサイトを見ていたら、興味あるリンクがあったのできてみました。
ブログ更新がんばってください。

応援します
Posted by 無料三ツ星トラフィック at 2010年01月04日 08:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。