「まっすぐな男」第2話(視聴率8.7) - ドラマな人々@遊Blog

「まっすぐな男」第2話(視聴率8.7)

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「まっすぐな男」第2話を観ました。

このドラマ、「サラリーマンのための青春ドラマ」って
感じです。

佐藤隆太さんが森田健作さんに重なる瞬間があったような…。




今回は国枝という男が登場です。
この男、以前鳴海(深田恭子)と付き合っていた
チンピラ…で、自宅アパートの押入れで大麻を
栽培していたんですね。それを発見した鳴海は
まさか大麻とは知らず、日光に当たらせようと
ベランダに大麻をきちんと並べたというわけです。

で、警邏中のお巡りさんがそれを発見。
国枝は御用となり、服役していました。

模範囚で出所してきた国枝は、鳴海のもとに行き、
「お前のせいで捕まったんだから一生面倒をみろ」
と復縁を迫るわけですが、それに対して躊躇する
鳴海を見て、「新しい男」の存在を感じた国枝が
鳴海の携帯をチェックすると、その発信履歴から
「松嶋健太郎」とうい名前がズラリと並んでいるのを
発見。「こいつが新しい男か!」ということで、
国枝はフロンティア建設に乗り込んでいくというわけ
です。

なかなか、松嶋に会うことのできない国枝は、
マンション建設に反対する住民への説明会に健太郎が
出席することを知り、ナイフを購入して説明会場に
身を潜めます。

さあ、いつ国枝は健太郎をナイフで脅し、刺すのでしょ
う…と息を呑んで見ていましても、なかなか、その瞬間
は訪れません。

かたや、住民たちは、マンション建設により、自分たち
の生活にどんな影響があるのかを正直に説明しろ、と
詰め寄ってきます。

会社側は、具体的な説明をせず、あいまいな回答をしつつ
ひたすら頭を下げるようマニュアルどおりの対応を求めま
すが、そんなことが出来るはずもない松嶋健太郎です。

マンション建設により、日照時間が若干減ることを正直に
説明します。それを聞いた住民は怒りの表情で声を荒げま
す。しかし、ここで健太郎の本領発揮とくるわけなんです。

「悪いことばかりじゃありません。
 この町に新しい家族がやってきます。最初は摩擦がある
かもしれませんが、嫌いだと思って敬遠していた人と
いざ付き合ってみたら、すごく意気投合することもあるじゃ
ありませんか。この町に36世帯の家族を迎え入れること
はできませんか?」

てなことを真正面を見据えて訴えるんですよね。

ここで、ナイフ男…国枝の出番です。
しかし、手には一通の紙切れが…
「いつまで馬鹿やってるんだ。国に帰って来い。」
という親からの手紙のようです。

健太郎の説得に口をつぐんでしまう住民たちの前を進む
国枝…立ち止まるその目の前に健太郎。
互いに目を合わせ、健太郎はその男が国枝と察します。

と、次の瞬間、国枝が言う言葉は、以前町田佳乃(貫地谷
しほり)が言ったのと同じ言葉を口にします。

「ほんとにお前は甘いよ。だけど、お前みたいな奴が
いてもいいんじゃないか?」

と言ったまま、会場を後にするわけです。

…こんな人がいてもいいんじゃない?…
健太郎にちょいと「ほ」の字の佳のちゃんも、その出会い
のときに、同じことを思ったんですよね。

結局、健太郎に触れる人々は、知らず知らずのうちに、
健太郎の「まっすぐウィルス」に感染してしまうようで
すね。
それまでマンション建設に反対していた住民たちも、
デメリットを正直に説明してくれた健太郎に共感し、
日照時間のことよりも新しい仲間を迎えることの大切さに
目を向けることになったわけで…。

チンピラの国枝は、郷に帰り農家で畑仕事を親父さんと
一緒にしており…めでたし、めでたしです。

ま、ほんとに単純なストーリーで、単純な登場人物で、
軽い息抜きにピッタリのドラマですね。
現実には、こんな男はいませんし、仮にいたとしても
絶対に失敗するタイプです。リストラ対象かも…。
でも、平成の森田健作こと佐藤隆太さんのキャラが
すべてをノープロブレムにしちゃうんですよね。(笑)

俳優の力ってやっぱり大切。

馬鹿馬鹿しいほどあり得ない話しを、ごく当然であるか
のように、ドラマとしてのリアル感を持たせることがで
きるのは、俳優たちの演技力次第ですものね。

そうした点からも、まっすぐ佐藤とちょいフテ深田の
ミスマッチがほどよく共存できるのも、二人の演技に
ブレがないからなんだろうと思います。


(好き嫌いが分かれるキャラですよね。深キョンは。)

ちょっと褒めすぎですね。(笑)
ま、互いに得意キャラを存分にやっていただければという
ことです。


(この人も「ガッツだぜ!」とまっすぐでした。
 主題歌ももちろんまっすぐですよ。)


それでは。
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
また、気が向いたらいらしてください。

トップに戻る



タグキーワード
2010-01-19 23:12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。