「宿命」第3話(視聴率7.4) - ドラマな人々@遊Blog

「宿命」第3話(視聴率7.4)

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「宿命」第3話を観ました。

前回、崇(北村一輝)が、有川美奈(真野響子)と白井眞一郎
(奥田瑛二)との間に出来た息子と知った美奈…
それまで、積極的に推し進めてきた崇と尚子(上原美佐)の
結婚でしたが、態度は豹変。

二人の結婚は絶対にあってはならないこと。
だって、崇と美佐は…(血のつながった異母兄妹)なのだから。


口に出さずとも、その思いが美奈の表情に溢れています。
そこには、貪欲な成り上がり病院経営者の顔ではなく、
一人の人間として、母としてのモラルのようなものが
映し出されているのでしょう。

崇を呼び出し、本当の理由を説明することなく結婚話を
ご破算にすると言い出し、白井を呼び出し自分と白井の
関係についてはじめて打ち明け(?)、
「崇はあの時に出来たあなたとの子なの。」と
告白(?)します。

前にも言いましたが、いくら40年経ってるからとはいえ、
ここまで気付かないって、はやり不自然だし、違和感あり
ます(汗)…いいかげん気付けよぅ!!!(汗汗)

でも、この二人の鈍感さがないとこの物語は
はじまらいのであれですけど(滝汗)…

その事実を知った眞一郎(奥田瑛二)は、「まさかっ!!?」
てな苦悶の表情を浮かべるのですが、「じゃあ、ご破算!」
と簡単に結論を出すことはいたしません。

それには政治家として既に根回ししてしまっていたことも
あるでしょうが、一番は奥様(松坂慶子)の実家の事業が
総理大臣関連企業に買収され、自身の政治家生命をも
おびやかしかねない状況にあることが影響しているように
思えます。買収されれば資金面で苦しむことが明白な
眞一郎は美奈の医療法人有川会の潤沢な資金をあてにする
ことを考えているんでしょうね。政治家として生き残る
ために。

いっぽう、小池栄子ちゃん演じる笹山宣子は、ディーラー
に復帰しますが、またしても不幸が覆いかぶさってくる
模様です。彼女にとって、田舎(実家)は不幸の代名詞
のようですね。(汗)
普通だったら、「あんな実家さえ無ければ…」って恨み
節の一つや二つ言いたくなりそうなものですけど、
宣子はそんな野暮なこと言いません。

父親からの不幸の電話…
それは、弟がバイク事故を起こし、相手は意識不明の
重態、しかも保険に入っていなかったものですから、
その保障金額が数千万円に…

崇からの手切れ金を一旦は返そうと思った宣子でしたが、
それを思いとどまり、事故後の保障などに用立てるため
に小切手を使おうと決心を固めたようです。

小池ちゃん。不幸を背負った女役、はまってます。
映画「接吻」で開眼した女優魂を存分に発揮していただき
たいと思っております。

さて、今回はいろいろと今後の展開の伏線を張るような
回だったように思います。
おそらく、来週から物語が動き始めるでしょう。

美奈と眞一郎の関係がはっきりとした中で、今後どう
登場人物たちが動いていくのかが楽しみです。

血、権力、金といったテーマは、こうしたドラマの定番
ですが、これまでにないようなドラマを期待したいです。

今のところ、ドラマを能動的に動かそうとしているのは、
むしろ主役の崇周辺の人々。おそらく、前半はそんな感じ
で進むのでしょう。そして、後半になって、崇の巻き返し
が始まるような気がしています。楽しみです。
ブログ情報源


(主題歌はポルノグラフィティ)

それでは、
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
またよろしければ覗きにいらしてください。

トップに戻る



タグキーワード
2010-01-30 05:54 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
「遊さん、こんばんは。」

興味深い内容が書かれていて楽しいブログですね

また覗きに来ます

よろしければ私のブログも覗いてみてください

では。
Posted by ケンコーキング at 2010年01月30日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。