「コード・ブルー2」第8話(視聴率15.3) - ドラマな人々@遊Blog

「コード・ブルー2」第8話(視聴率15.3)

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「コード・ブルー2」第8話を観ました。

今回、ドラマを観ていて、ふと思いました。
今更ですが、この病院には実に様々な問題や悩みを抱えた
ドクターのなんと多いことか…。

ま、だからドラマになるんですけどね。(笑)


(1st seasonスペシャル)


今回のテーマは、「役割」でしょうか?
それとも「医者は何故働くのか?」でしょうか?

そのどちらについても、考えさせられる回でしたね。

まず、「役割」について…。

アナフィラキシーショックで搬送されてきた中学生の
サッカー部員の子たちの会話が、そのまま、個々の医者
たちの「役割」と重なるような展開でした。

フォワードの男の子。
彼は自分一人でプレーをしているつもりになるタイプで
ボールを持ちすぎてしまうプレーヤー。
一言でいうと我がままなタイプ。

周囲の子たちからも、その単独プレーが玉に瑕で、ちょっと
敬遠されています。
でも、本当はそのフォワードの子も寂しがりやで、自分を
評価してもらいたいし、自分も友達を大切に思っている。

ただ、人付き合いが不器用だから、理解されるのにちょっと
時間がかかるタイプ。

その彼が、藍沢をフォワード、藤川を補欠と評したりして、
意外に的を射た人物評なのが面白かったですね。

藤川はまさにフォローする「役割」が似合う人間です。
彼の人を思いやる心、優しさ、そして精一杯に努力する
姿は、いつもながら見ていて感心するし、人の心をうつ
ものがあります。

ムードメーカーであり、縁の下の力持ち。
season1では、もっとも頼りなく、独りよがりで子供っぽ
かった藤川でしたが、こんなに大人になったんですね。
こうしたフェローの成長を見るのも、このドラマを観る
楽しみの一つです。


(1st seasonブルーレイ)

パイロットの梶(寺島進)もドクター、フェローたちと
距離を置きながらも、しっかりと支える役割をもってい
ますよね。いつも藤川の心の支えになったりしています。

奥さんの話し…カッコよすぎですよ。
でも、寺島さんが言うと決まるんです…ああいう台詞。

そして、藤川は思いを寄せる冴島のフォロー役に徹しよう
とし、その気持ちにこたえるように、冴島も子供を亡くした
患者の心のケアに努めていきます。

こうして、一人ひとりが役割ももち、互いが互いを助け、
支えあいながらチームは成り立っているということが
よくわかる構成になっていました…ただ、一人を除いては。

そう。
緋山(戸田恵梨香)は、自分の役割を果たしたくても果たせ
ない状況に身をおかざるをえない立場に。

ここで「医者は何故働くのか?」という二つ目のテーマが
大きくクローズアップされてきます。
白石(新垣結衣)のナレーションで、「医者は患者の笑顔、
患者からの有難うの一言のために働いているのかもしれない」
というような内容が語られます。

でも、患者のために良しを思うこと、精一杯の努力を払った
結果、患者の家族から冷たい仕打ちを食らう結果になること
もあるということ。この厳然たる現実を前に、医者はどうす
ればいいのでしょうか?何を信じて医療行為に励めばいいの
でしょうか?

「患者が怖い」

この緋山の言葉の持つ意味は、言葉の意味以上にとても
重く、深い問題をかかえています。

それこそ、人が人を信頼するということは、どういうこと
なのか…そうした哲学めいたことにまで掘り下げること
だって出来そうな問題です。

患者のために存在するはずの医者が、患者と対することに
恐怖を感じてしまうという不幸。
この不幸を背負った緋山は、この後、どう立ち直っていく
のでしょう。

そして、田所部長(児玉清)は、どうなるんでしょう。
まさか、「救命病棟24時」の渡辺いっけいさんのような
悲劇が待っているのでしょうか?
ブログ情報源
ブログランキング ドラマ

楽しみというか、ちょっと、不安ですね。


(2nd seasonオリジナルサウンドトラック)

それでは。
今回も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
また、是非、覗きにいらしてください。

トップに戻る



タグキーワード
2010-03-01 22:22 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんわ、「遊 さん」

うーん、そうなんだって新しい発見ができる楽しいブログですね

私も健康に関するブログを書いていますので

覗いてみてください
Posted by ケンコーキング at 2010年03月02日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。