「絶対零度」第3話 - ドラマな人々@遊Blog

「絶対零度」第3話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「絶対零度」第3話を観てしまいました。

初回視聴率が良かったと聞いたので、もう一度
くらい観てみようと思ったのですが、なんか
やっぱり期待ハズレのような気がして…。

主題歌のラブ・サイケデリコはカッコイイです。
でも、肝心の中味がどうも薄っぺらい印象です。



なんかリアルというほどリアルな世界でもないし、
シリアスといえばシリアスなんですが、どこか
中途半端なシリアス。
かといって、コメディサスペンスではないんです
が、観てるとどこかコメディタッチな部分も盛り込ま
れているような…。

そもそも、上戸彩ちゃんが「亀」と呼ばれて、コツコツ
型の努力家というキャラのまんまドラマの中に存在して
しまっているのがもったいない気がします。



主役なんだから、どうせなら「科捜研の女」の沢口靖子
さんくらいの活躍があったほうがいいと思うんですけど。
まあ、ポジションがあまり目立った活躍が期待された
ポジションではないんでしょうけどね。

なんか控えめな地味キャラを演じすぎているようで。
「亀」というなら、昔の堀ちえみさんのように
「ドジでマヌケでノロマな亀」というくらい、不器用
に頑張るキャラのほうがいいのでは…。
ブログセンターランキング ドラマ


(上戸ちゃんには元気ハツラツでいて欲しいですね)

ま、コメディになりすぎると、ちょっとなんですけども。

今回の事件の真相も、暴いてみれば、なんか浅い事件
です。浅いというか、そんなんで殺すなよっ!と
突っ込みを入れたくなるような事件ですものね。

髪の長い奥さんが不倫して駆け落ち。
その旦那がそのことを根に持って、次々と髪の長い女性
を猟奇的に殺していくわけです。それが8年前。
で、旦那も体を壊して殺人の実行が不可能に・・・。
それで8年間のお休みとなったわけですが、息子が大きく
なったところで、
「そうだ!息子に髪の長い女を殺させよう」
と思い立ち、8年前と同じような猟奇的な手法で殺人を
実行させようとした…といったお話しなわけです。

よくあるのは、母親が売春をしていて、それがトラウマ
になり、売春をする女性を次々殺していく…なんていう
お話しですけどね。
女房に浮気されて駆け落ちされたからって、髪形が似てる
女性を殺します?ま、その人の自由ですけどね、あまり
リアリティ感じません。しかも、8年後に息子にまで
やらせるなんて、ぜんぜん説得力のない結末でした。
ブログ情報源

なんでそこまで恨み、他の女性にまで嫌悪感をいだく
ことになったのかがさっぱり判りませんものね。

8年前と同一犯かどうか…というポイントをめぐって
実は父と子による時間差の殺人だったという、その一点
だけど取り上げると、けっこう面白くなりそうなん
ですけど、ドラマとして全体を観ると、いまいち
なんですよね。残念。


(ラブ・サイケデリコはカッコイイです)

そういうわけで
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

トップに戻る



タグキーワード
2010-04-28 01:43 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。