「素直になれなくて」第7話 - ドラマな人々@遊Blog

「素直になれなくて」第7話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「素直になれなくて」第7話を観ました。

ジリジリしながら
イライラしながら
オイオイと突っ込みながら

ときどき、ドクターのベタギャグに失笑しながら

それでもなんとなく観ているんですよねぇ。



バブル期の古典的香り漂う
青春群像劇をベースに

「なう」な若者の不確かさや不安を調味料に加えた
感じの「素直になれなくて」。

バブル当時は、エネルギーのはけ口がわりと
はっきりしていたと思うけど

「なう」な今の時代だと、若者たちのエネルギーの
はけ口がなかなか見つからない、といったところ
かしら。

ハルとナカジ。
ハルとドクター。
リンダとナカジ。
ピーちとナカジ。

ハルとナカジにはイライラです。
幼馴染タイプな二人は、相性抜群なのに
互いに自然でいられることに心地よさを感じて
恋愛の扉を開く勇気がもてない。
ブログ情報源

ハルとドクターは水と油。
相性最悪なはずなのに形式的に恋愛のエチュード。
ハルは居心地の悪さを「恋愛だからかも」と誤魔化し、
ドクターは心優しきエゴイストだから、自分好みの
ハル像をかってに作り上げようとしてしまっている。

ハルみたいな女性は、あまり見たことないなぁ。
あんなに周囲に対して寛容な女性って知らない。
ナカジに対しては、言葉で寛容さを伝えているけど
ドクターに対しては、沈黙することで結果的に
寛容になっちゃっている。

「ハルは働かなくていい。
 ボクが守るから。」

それに対して、何も言わないで黙っちゃうハル。

自分の本当の気持ちが言えない関係ほど息苦しいものは
ないもの。ハルみたいに他人に冷たくなれない人って
疲れるだろうなぁ。
で、ハルの息苦しさはドクターにも伝わっているけど、
それを認めたらドクターの恋愛は終わっちゃうから認めた
くない。

一見、空気読めない系なドクターだけど、ほんとうは
空気読めてる系…「人の心は自由ですから…」

そんなドクターも辛いけど、ちょっと
暑苦しいかあな。

努力型の男性は、自分の力で相手の性格まで変えようと
するからね。

報われなくても頑張っている姿がよく似合うタイプかも、
ドクターって。

リンダの優しさは独特ワールド。
「かなわぬ恋」
なんてキザなこと言っているけど、こういう深い「愛」を
持っている人って、他人からはすごく安定感のあるタイプ
に見られがちだけど、ひとたびバランスを崩すといっきに
崩壊していきそうで危うい感じがするなぁ。

玉山鉄二さん演じるリンダが
このドラマの登場人物の中ではいちばん
シンパシーを覚えるかも。
玉山さんって、こういう演技も出来るのですね。

ピーちは、ときどきいるタイプ。
ひとりぼっちに耐えられない女性。
温もりをくれる男性を好きになってしまう。
ふつう、罪つくりな場合が多いと思うけど、
このドラマではどーなるんでしょう。
ナカジとの関係を連想させる演出だったけど、
あの晩は何もなかったんだと思うけどね。

ひとりが不安だから
温もりと安心が欲しい。
だから男性のそばにいたい…。
言葉はあれだけど、自立していない女性だよね。
どちらかというと。

ま、そんなこんなで
ドラマの展開的にはそんなに大きな期待は持って
観ているわけではないんですけど、一人ひとりの
登場人物たちのことを身近にいる人たちと比較したり
類似点を見出したりしながら、いろいろと突っ込みを
して、なにげに楽しもうとしています。
ブログセンターランキング ドラマ

 
(挿入歌 菅原紗由理 ) (オープニング Ting Tings)

では。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※最後にコチラもポチッと応援していただけると
 励みになります。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

トップに戻る



タグキーワード
2010-05-30 08:34 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。