「ヤンキー君とメガネちゃん」第6話 - ドラマな人々@遊Blog

「ヤンキー君とメガネちゃん」第6話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「ヤンキー君とメガネちゃん」第6話を観ました。

面白かったですね。
笑いました!
今までで一番かも。

そして…
泣きはしませんけど(笑)
和泉くんの別の一面もなかなか良い話で…


(全巻)


やっぱり、演出と俳優の技量がピタッとフィット
すると、ドラマって楽しめますね。

『オトメン』なんかの感じに近いのかなぁ。



とにかく、演出にメリハリがあって、そのメリハリに
俳優たちがリズム良く乗っている印象です。

簡単に言うと、俳優たちがノッテイル!ってこと。
力みなく、カルーイ気持ちでね。

サッカーなら、パスが回るようになって、足がとまること
なく、連動してゴールに向かっているような(?)印象。

ま、とにかく気軽に楽しめるドラマになってきました。

特に今回は、担任教師役の堺を演じる皆川猿時さんが
イイ味出してましたね!!


ご存知、劇団『大人計画』の俳優さん。

『大人計画』とは、松尾スズキさん率いる劇団。
クドカンこと宮藤官九郎さん、阿部サダヲさん、
荒川良々さん、近藤公園さん 、村杉蝉之介さん、
正名僕蔵さん、平岩紙さん、猫背椿さん等、
超個性派俳優たちの集合体。



かつては温水洋一さんも所属。



よくもまあ、これだけ個性的な日本人が集まったものだ
と感心してしまう劇団です。

ブログセンターランキング ドラマ

コメディタッチな演技はお手の物。
でも、シリアスも十分演じられるのがこの劇団員たちの
強みです。

皆川猿時さんなんて、映画『クライマーズ・ハイ』では
堤真一さんと敵対する新聞社の営業部販売局長役で
堤真一さんに負けない鬼気迫る演技を魅せてくれまし
た。



そんな実力派の皆川猿時さんが、今回ドラマのリズムを
つくってくれてました。

授業中、家庭訪問など、
皆川猿時さんがからむと、芝居にリズムとテンポが出て
きまます。
これからも、チョクチョク目だった活躍を期待します。

大地が思いを寄せるピンクのシャープペンの持ち主と
勘違いした可愛い女子生徒が再追試を受けなければ
いけないほどの劣等生というのも面白かったかも。

大地の妄想のリフレイン効果も笑わせてもらいました。

あと、和泉くんのバイトエピソードも良かったですね。
ひかえめなイビキも可愛く、皿洗いの千手観音的演出も
楽しめました。

ということで
正直、最初のころは一生懸命に面白いコメディに仕上げ
ようと肩に力が入った印象でしたが、ここにきて
とてもリラックスしてきたのか、自然に笑えるような
ドラマになってきた印象です。

これからも、この調子で楽しませてもらいたいです。
ブログ情報源


(ヒルクライム/ルーズリーフ初回CD+DVD)

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※最後にコチラもポチッと応援していただけると
 励みになります。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

トップに戻る



タグキーワード
2010-05-30 13:22 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。