「素直になれなくて」第10話 - ドラマな人々@遊Blog

「素直になれなくて」第10話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「素直になれなくて」第10話を観ました。

少し遅れてテレビにスイッチを入れると
死んだと思っていたリンダが生きていました。

あれ?生きている。

ホッとしたような
北川悦吏子さんに裏切られたような…
次なる展開を予想しながら…

13.jpg


で、やっぱりあのまま死んでしまっては、
不幸感だけが残ってしまうものね。

それよりも、リンダにも幸福感を味わってもらいたいし
みんなにもリンダの素直な気持ちを聞いて欲しいと
思うわけで…

そのあたりの匙加減は、やはり、北川悦吏子さんならでは
というところなのでしょう。
一旦リンダを回復させてから、突然の死をナカジの目の前
で迎えるという展開には、かなり感情移入してしまいまし
た。

北川さんの思うツボです。

私個人、リンダのように悲しみを引きずりながら
生きているような人に共感するところがあります。

死を覚悟した後、仲間が回りにいてくれたこと。
特に、ナカジがいてくれたことで幸せを感じられた
ことは、本当によかった。

なによりも、ナカジに自分の気持ちを伝えられたことが
一番良かったですよね。

だから、突然のリンダの死は、逆にナカジを孤独の深淵に
追いやってしまうんですよね。
ナカジが普段みせている「余裕」は、ただ、素直な自分
を見られたくないという「頑な」な演技にすぎない。

屋上でむせび泣くナカジの姿には、とても
胸を打つものがあり、初めてナカジの素直な涙を見た
ような気がしました。

私も、2年前、以前の仕事仲間二人を1ヶ月ほどの間に
続けざまに失ったことがありまして、そのときの
全身から力が抜けていく感じがナカジを見ていて
思い出され、ちょっと気持ちが高ぶってしまいました。



リンダからのメッセージ。

それは、ハルへの気持ちを素直に伝えるべき、という
こと。

人を傷つけることを怖れるな。
自分が傷つくことを怖れるな。

一番臆病なナカジに対してのメッセージ。

でも、だからといって、空港のあの場面で

「好きだ!」

と言われても、ハルとしては困るよね。
シチュエーションは、ドラマでは定番だけど。
せめて、前日の夜の公園で、あんな強がりを言わず、

「韓国に行って欲しくない。ボクの力になってくれ。」

と言えればね。
ブログセンターランキング ドラマ

最終的には、ハルとナカジのカップルになるんだろう
けど、あの空港のシーンからどんなふうに展開させて
いくのか…北川悦吏子さんの腕の見せ所です。

ツイッターにこだわらなくなり
リンダという軸を中心に物語を動かすようになり
すごくドラマに深みが出てきました。

必見☆新入荷☆iPhone用ケース☆ドラマ「素直になれなくて」ハル使用☆apple アップル iphoneカ...

ま、そのあたりが、北川悦吏子さんが北川悦吏子さん
たる由縁なのでしょうね。
ブログ情報源



それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※最後にコチラもポチッと応援していただけると
 励みになります。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

トップに戻る



タグキーワード
2010-06-17 23:43 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。