「逃亡弁護士」第1話 - ドラマな人々@遊Blog

「逃亡弁護士」第1話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「逃亡弁護士」第1話を観ました。

この手のドラマは、今まででもありましたよね。
いわゆる「巻き込まれ型」のサスペンス。

無実の人間が犯罪に巻き込まれ、逃亡生活をつづけていく…

もう、これだけでも視聴率はある程度計算できますよね。



映画なら、ヒッチコック監督作品には「巻き込まれ型」の
作品が多いですよね。

「逃走迷路」「知りすぎていた男」。



アメリカの伝説のドラマにも「逃亡者」があるし、後に
ハリソンフォードの「逃亡者」として映画化もされた作品などは
「逃亡弁護士」と基本的には同じ構造。



日本でも江口洋介さん主演で「逃亡者」がドラマ化されたのは
比較的記憶に新しいところですよね。



「妻殺し」が「先輩弁護士殺し」に変わり、かつ、逃亡しながら
も弁護士として人助けをしていくというのがオリジナリティを
発揮するポイントなのでしょう。

で、初回を観た感想ですが、ちょっと、逃亡生活に入るまでを
端折りすぎたかなぁというのが率直な感想。

もう少し、「アクサル法律事務所」の若手弁護士・成田誠(上地雄輔)
なる人物像や殺された弁護士、二ノ宮徹(船越英一郎)との関係、
二ノ宮 絵美(石原さとみ)との関係などを見せてから容疑者に
なっていく展開にしてもらったほうが、逃亡後の成田に感情移入し
やすかったように思いました。

上地雄輔さんは連続ドラマ初主演だそうですね。
「ごくせん」はじめ、ドラマ出演は数多く、俳優としてのキャリアも
そこそこあるはずなのに、まだまだ初々しい印象です。

上地雄輔さんって、染まらないタイプのタレントなんだろうと思いま
す。常に「白」。そこが長所であり、魅力なんでしょうね。
ブログセンターランキング ドラマ

正直、逃亡シーンの演出は、これまでの映画、ドラマで散々観てきた
もので、どうしても既視感が強いので、それほど目新しさは感じませ
ん。

そのぶん、役者さんたち一人ひとりの個性や力量が問われるドラマに
なっていきそうな印象です。

成田の無実を証明できる目撃者、小早川 美由紀(村川絵梨)の存在
が、これからクローズアップされていきそうです。
村川絵梨さんも、これまで以上に怪しく、艶のある雰囲気を醸しだして
いて、なかなかいい演技をされていますよね。
ブログ情報源

ま、初回としてはそんなところでしょうか?

では。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※最後にコチラも応援クリックしていただけると
 励みになります。よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

トップに戻る



タグキーワード
逃亡弁護士カテゴリの最新記事
2010-07-06 23:46 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。