「夏の恋は虹色に輝く」第1話 - ドラマな人々@遊Blog

「夏の恋は虹色に輝く」第1話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「夏の恋は虹色に輝く」第1話を観ました。

思っていたよりよかったです。
CM見ているかぎり、もっとベタベタの
恋愛ものを見せられるのかと思っていましたから。

あいかわらずの男っぽいさばけたキャラの竹内結子
さんを見て、ひとまず安心いたしました。

恋愛ドラマ、というよりも、

『二世教育恋物語-姐さん、俺自立する!』って

感じのドラマかもね。
人気ブログランキングへ


とにかく、前の「月恋」があまりにヒドかったです
からね。

まさに、SMAPから嵐にバトンタッチされたわけで。
芸能界の縮図が連続ドラマにも見てとれますね。
ブログセンターランキング ドラマ

さて、竹内結子さん演じる北村詩織は、二世俳優
楠大雅がスカイダイビングに失敗したことで、偶然
遭難現場で出くわすことになるわけですが、実は
この詩織さん、大雅の父親である楠航太郎の大ファン。

ま、それくらいならいいんですけど、航太郎自身が
詩織に手紙を出すほどの間柄。しかも、自分が死んだ
ら息子の大雅を応援して欲しいとまで、まるで
遺言のような手紙を送るほどの関係のよう。

これって、ちょっと、不自然。
出来すぎ。→ranking

でも、まっ、いっか…「月恋」のヒドサさに比べたら
雲泥の差。

この北村詩織さん、地元の缶詰工場で働いていたらしい
が、倒産して仕事を失ってしまう。そこで、航太郎から
手紙をもらった詩織が大雅の事務所を訪ねてくる…

しかも、航太郎からの手紙を大雅に渡すために…?

これも、ちょっと、不自然。
やりすぎ。

でも、まっ、いっか…「月恋」のヒドサさに比べたら
誤差の範囲。

詩織と大雅の事務所の社長、青木はどうやら面識がある
らしい。それほど詩織と航太郎は親しい間柄だったという
ことなのでしょう。

で、案の定、詩織は大雅の事務所で働くことに。
これは想定内、というか、予想どおりですよね。
→ranking

で、なにより、ホッとしたのが、北村詩織が子持ち
だったこと。まあ、本人の実子かどうかはわかりませんが、
いずれにしても子供を育てる母親の顔を持つ女性で
あることに一番安堵しました。

だって、さすがに竹内結子さんも、ただの独身女性で
恋に落ちるような役柄は難しい年頃、肌年齢になって
きたように思いますもの。
ブログセンターランキング ドラマ

CX系月9ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」オリジナル・サウンドトラック(仮) 【CD】
嵐 /Monster《通常盤》:TVドラマ『怪物くん』主題歌<2010/5/19>

男っぽいさばけた性格。
30女。
子持ち。

そんな女性に恋するのが、嵐の松本潤くんというのが
とりあえず好感もてる要素です。

それ以外には、初回を観るかぎり、なんとも言えません
ね。わかりません。面白くなるか、どうか。
これからだと思います。
ま、「月恋」のような陳腐に破綻した展開にはならない
だろうと思いますし、物語のテンポもいいし、話も単純で
わかりやすいので、とりあえず、ツカミはOKなんじゃ
ないでしょうか?人気ブログランキングへ


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※最後にコチラも応援クリックしていただけると
 励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

トップに戻る



タグキーワード
2010-07-19 22:47 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
遊さん、はじめまして峰フシ子です。

コメントありがとうございました〜♪

「月恋」
私は見てなかったのですが
あまり視聴率も取れなかったようですね。

ここのところ嵐の番組も増えてますし
SMAPと嵐、
世代交代なんでしょうか!?[壁]ω;)

また、お邪魔させていただきま〜す。
Posted by 峰フシ子 at 2010年07月20日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。