「ジョーカー許されざる捜査官」第2話 - ドラマな人々@遊Blog

「ジョーカー許されざる捜査官」第2話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「ジョーカー許されざる捜査官」第2話を観ました。

う〜ん…これは、タイトルどおり、本当に許されざる
捜査官ですぞぅ!

と思わず叫んでしまいそうな第2話でございました。
人気ブログランキングへ


何故って、前回は父親が検事ということで、警察組織が
手を出しにくいというか、上層部からの圧力で、現場
の捜査が不可能になってしまった事件だったからこそ
伊達一義(堺雅人)による制裁があったわけですよ。

法の領域を超えて犯罪者を裁き、制裁を加えるためには
「警察の力及ばず」という事件あるいは犯人でなければ
ならないと思っていたわけです。

なのに

今回の犯罪は…

単に、警察が犯人を追及しきれなかった…自供がとれな
かったというだけなんですよね、結果的に。

偽善で経営している老人ホームに意図的に火災をおこし、
老人たち10人の保険金を得るという悪質な殺人事件の
計画をした主犯の経営者と実行犯の医師。

盗聴や盗撮という違法捜査では証拠があるにもかかわらず、
正当な捜査から得た状況証拠では逮捕まで追い込むことが
できない。

で、伊達刑事による闇に葬る制裁が行われる…って
これではあまりに警察の…伊達の身勝手な制裁に
なるんではないでしょうか?
→ranking

普通のサスペンスで考えて、犯人が警察を上回っただけ
の犯罪でしょ、これって。

警察が解決できなければ、伊達が犯人を葬ればいいの?

これでは、ほんと、許されないっしょ。

ちょっと、そのあたりが納得しづらかった第2話でしたね。
人気ブログランキングへ
CX系火9ドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」
オリジナル・サウンドトラック 【CD】


でも、そのいっぽうで、この伊達の裏の顔をすばやく察知
し、しかも制裁の現場に久遠健志(錦戸亮)が姿を現した
ことで、このドラマの興味の方向性がぐっと変わってきた
んです。

最終話くらいまで、伊達の正体がずーっとばれずに行くの
かなぁと思っていたんです。実は。
だって、そのほうが話しがもつでしょ。引っ張れると思った
わけですよ。

しかし、第2話にして、その正体を身内が暴いてしまう。
ルポライターで元刑事の片桐冴子(りょう)も既に伊達に
目をつけていて、その正体にたどり着くのは時間の問題
でしょうね。

そうなってくると、今後の展開がすごく興味ぶかくなって
きます。→ranking

前回、私がリクエストしていた「制裁者」としての顔を
もっと観たいという願いが、これで可能になってくるの
では…と期待が高まるわけで。

そして、「制裁者」が伊達であることを組織内の人間が
把握していながら、共犯関係の中で処罰がとりおこなわ
れていくことになるんでしょうね、これからは。
ブログセンターランキング ドラマ

ただね、やはり、捜査の不備というか、犯人逮捕に至らない
から制裁する!っていうんじゃ、ほんと、警察いらない!
って話しになってしまうので、そのあたりの筋書きを
もう少し丁寧にお願いしたいところです。
人気ブログランキングへ

ま、第2話はそんな感想ですかね。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※最後にコチラも応援クリックしていただけると
 励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

トップに戻る



タグキーワード
2010-07-21 01:34 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。