「GOLD」第4話 - ドラマな人々@遊Blog

「GOLD」第4話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「GOLD」第4話を観ました。

このドラマが始まる前に想像していた作品は
もっとギンギンにゴールドを目指すスパルタに徹した
悠里(天海祐希)の独裁的教育論が、コレでもか!と
次々と繰り出されてくるようなものでした。

そう、朝、昼、晩の食事がレア・ステーキ一色のような
血の滴るギンギンに肉食系のドラマをね。
人気ブログランキングへ
天海祐希.jpg



でも、違いました。

そうですね、いい意味で違ったと言ってもよいと
思います。

アスリートの価値は記録。
人間の能力は…走るスピード、泳ぐ速さ、飛ぶ高さ、
高難度な技の数々を見るまでもなく、10年前・・・
いや、1年前と比較しても進歩している。

鍛えれば、伸びる。
科学的なトレーニングで新しい記録が生まれる。


進歩。
それは新記録の誕生。

そして、それは人間の進化。

そう言い換えることもできるのかもしれません。

でも、この「GOLD」というドラマは
「進化」を義務付けられたアスリートを題材にしながら
も、その内在するテーマは人間の「心」にあるんです
よね。→ranking

それは「人間の弱さ」と言ってもいいでしょう。

自殺した悠里の兄の言葉…

何故、人間の心は進化しないのか?

この言葉は深いですよね。

アスリートは記録、すなわち数値で評価されます。
でも、人間の心を数値化することは難しい。

人は何故、人を傷つけるのか?

アスリートのように科学的にトレーニングすれば
人の心は進化し、人を傷つけることはなくなるので
しょうか?

学校でのイジメ、家庭内での暴力、職場での攻撃、

そして人類は、

民族間の争いやテロ、
国境を越えた戦争といった
歴史において途絶えることのない
「暴力」の連鎖を紡いできてしまっています。

人は人を傷つけることを止められない…
それが、人間の歴史。

でも、本当にそれは変えられないの?
本当に人の心は進化できないの?

本当は、人の心も進化するはずなのに
何かがそれを押しとどめているんじゃない?
きっとそう。
それさえ取り除き、心の進化の扉を開けさえすれば
人の心もアスリートの記録同様に、

進化

するはず。

「GOLD」というドラマは、そんなテーマに
包まれている、とてもヒューマニズムあふれる
ドラマのように思いました、第4話を観て。
人気ブログランキングへ

冒頭の公立校のボス猿論…
息子を死なせた相馬(賀来千香子)さんへの嫌がらせ
に対し、「誰がこんなことを!!」と犯人探しをせず、
スタッフ全員に向けて演説した「自殺の戒め」
「生きつづける厳しさ」そして「心の救済」などは
本当に一視聴者として合点のいくお話しでした。

そうした悠里の人生哲学の根底には、
兄、修一(水上剣星)の自殺とその真相にあるのかも
しれません。

晶(武井咲)が心を寄せる宇津木洋介(綾野剛)の父が
悠里の兄、修一だったという新事実も明るみになり、

野島伸司ワールドの真骨頂、いよいよか!?

という様相を呈してきましたね。

木村拓哉&野島伸司 プライド DVD-BOX 【DVD】
鈴木保奈美 唐沢寿明 江口洋介 愛という名のもとに DVD-BOX

これから中盤。
徐々に面白くなってきました。
ブログセンターランキング ドラマ


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※最後にコチラも応援クリックしていただけると
 励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

トップに戻る



タグキーワード
GOLD ゴールドカテゴリの最新記事
2010-07-31 11:46 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。