「ジョーカー許されざる捜査官」第5話 - ドラマな人々@遊Blog

「ジョーカー許されざる捜査官」第5話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「ジョーカー許されざる捜査官」第5話を観ました。

先週の無差別殺人事件から継続したストーリー展開に
かなり盛り上がりを期待をしていたのですが、
ちょっと期待しすぎたのか、第5話の内容に物足りなさ
を感じてしまいました。
人気ブログランキングへ

■ドラマ サウンドトラック CD
【ジョーカー 許されざる捜査官】10/9/1発売


鈴木砂羽さんの悪徳弁護士ぶりはいいんです。

ただ、無差別殺人の犯人、椎名高弘(窪田正孝)の
精神鑑定をめぐって、悪徳弁護士と精神鑑定を
行った医師、そして椎名との関係をクローズアップ
させていくような展開を期待していたものですから。

もう少し、椎名役の窪田くんの怪演を絡ませながら
鈴木砂羽さんの悪徳ぶりを観たかったんですよね。

でも、違いました。

精神鑑定を行った医師が、鈴木砂羽さん演じる
弁護士にはめられ、鑑定結果を偽り、自殺に
追い込まれるといった展開。

もはや、椎名自身については触れずじまい。
それはそれでいいんですけどね。
ただ、医師が自殺せざるをえなかった理由に
どーにも納得できなくて…。

医師の一人息子が過去に家庭内で事故死していた件を
妻による殺人という見出しで週刊誌がスクープ記事に
しようとしていることをネタに、記事を公にしたく
なければ自ら命を絶て!という暗黙の了解を鈴木砂羽
の悪徳弁護士が強要したというのが、医師の自殺の
理由だとか…。

わかりませんねぇ、これで自殺してしまうなんて。

だって、事故死だったわけだし、
奥さんのことを信じることができれば、そんなガセネタ
に振り回されて、愛する奥さんを守るために
自ら命を絶つなんてことする理由ないじゃないですか?

この記事を理由に自殺するということは
医師が奥さんのことを信じきれていないということに
なるんじゃないですか?

なんか腑に落ちない。→ranking

そのあたりのことが、
奥さんへの愛として、さらりと片付けられてしまって
いるような気がしてなりませんでした。

今回は、その一点だけが、どーしても納得いきません
でしたね。

それだけ。

さて、神隠しの発端となった杏の兄、宮城夏樹の事件
の真相に徐々に接近中といった感じで、そのちょっとずつ
の見せ方…こちらはとてもいいですよね。

井筒 将明(鹿賀丈史)がキーマンになってくるんですけど
果たして井筒が真犯人なのか、どうなのか…

そのあたりの謎の解明が一話完結のドラマとうまく
リンクしてきていますよね。

最近、そのあたりのリンクさせかたが、ヘタクソな
脚本が多くて、辟易していたところでしたから、
とりあえず、「ジョーカー 許されざる捜査官」の
ドラマのつくりかたには、ホット胸をなでおろして
いるところです。
ブログセンターランキング ドラマ


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございます。

※ランキングに参加しております。
 最後にコチラを応援クリックしていただけると
 とても励みになります。よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               にほんブログ村




トップに戻る



2010-08-10 22:42 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。