「ホタルノヒカリ2」第8話 - ドラマな人々@遊Blog

「ホタルノヒカリ2」第8話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「ホタルノヒカリ2」第8話を観ました。

蛍の姉のご登場!
堀内敬子さん…ちょっと地味だったかなぁ?
でも、お上手。
元劇団四季の俳優さん。

サラリーマンNeoにもご出演。ほか、
メイちゃんの執事やゲゲゲの女房にも。

ま、それはともかくっ!
今回はけっこうマジに深い悩みですゾ。
以前のぶちょうの「結婚やめる宣言」は、まだまだ
笑って観ていられましたけど、今回の別居宣言は
ちょっと深刻…



恋愛(結婚?)とは
互いに影響を与え合い、
相手を受け入れ、変わることによって
成長していくこと…

そんなようなことをぶちょうが言ってました
よね。

ホント、いいこと言うなぁと思っていたら、
この言葉にぶちょう自身が敗北感を抱くことに
なろうとは…。

なんのことかっ!
って、

だってぶちょう自身は、あきらかにホタルの影響を受け
ており、以前は男のくせに整理整頓大好きで、何事も
キチンキチンと計画どおりに進めないと気のすまない
性格だったにも関わらず、ホタルと付き合うようになり、
寝る前に読んだ本を出しっぱなしにして就寝できる
程度の大雑把さが身についたわけで。

そんな自分自身の変化にぶちょう自身も、ある種悦びを
感じたりしているわけですよ。

で、

両家の顔合わせの計画では、あのアホミヤがぶちょうのため!
と率先してテキパキと計画をたて、ぶちょうに指示を出す
ほどの勢いなわけです。

いつもなら「ハッ!」と返事するのはホタルですが、今回
にかぎってぶちょうが「ハッ!」と答える始末。


このとき、ぶちょうは思ったはず。

アメミヤもしっかりと自分の影響を受けていて、
ぶちょうの几帳面なところを受け入れ、アメミヤ自身が
自分の性格を変えようと努力し、成長を遂げたのだと…

でも、

ちがった…。

あいかわらず、
事前の計画よりも目の前のことのほうが最優先のホタル。
小夏さんのお店のこととはいえ、またまた瀬乃と一晩
過ごしてしまうなんて、ほとほと困った人ですよ。

でもね。

そんなことはお見通しのぶちょうだし。
瀬乃とのことを何ら疑う気持ちがあるわけでなく、
そうなった事情もおおよそ想像がついている様子。

でも、ぶちょうは「しばらく距離を置こう」と
別居を提案。

戸惑うホタル。

嫌いになったの?
いや、今までどおり好きだ。

だったら何故…

その答えが、先に紹介したぶちょうの台詞なんだと
思うんです。

互いに影響をあたえ、相手を受け入れ…

そう。
ぶちょうは、ホタルが自分の影響を受けずに、
以前のままのホタルのまま、突っ走っていく
姿にある意味圧倒されてしまったんでしょうね。

「君にはかなわない」

そんなふうにぶちょうに言わせたのは、
ホタルのホタルらしさであり、誰からも影響されて
変わるものではないホタルらしさなんですよね。

だから、ぶちょうは別居によって
ホタルを見つめなおすというよりも、
ぶちょう自身が冷静に自分を見つめなおしたいと
いう気持ちが強いのではないかしら?

そんな気がいたします。
ブログセンターランキング ドラマ

さて、来週は…

ますますもって、盛り上がりそうですね。
瀬乃っちもラブラブビーム出しちゃってるし、
ぶちょうも…キッスに行くかぁ!!って感じだし。

楽しみです。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※ランキングに参加しております。
 最後にコチラを応援クリックしていただけると
 とても励みになります。よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               にほんブログ村

キミがいる/いきものがかり イキモノガカリ

トップに戻る



タグキーワード
2010-08-26 19:17 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。