「GOLD」第9話 - ドラマな人々@遊Blog

「GOLD」第9話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「GOLD」第9話を観ました。

まずは、丹羽聖子(エド・はるみ)。
ううぅぅっ。
ニート息子の症状が改善されたと思ったら
やはり、母親のほうがちょっと病にかかって
しまったようですね…。

丈治(反町隆史)の思いがけない訪問に
そわそわしながら鏡の前に座り、化粧をほどこす
その姿はやや怪しく…

息子に胸の大きさで迫ればいいような、そんな
たわごとすら真に受けかねない様子で、自分の
胸の大きさを確かめるように手のひらで持ち上げる
その姿は、もはや異常な恋愛感情を感じさせる。

この先の結末がちょっと恐ろしいです。
人気ブログランキングへ



まっ、それは今回のテーマではないのでね。
おいておきましょう。

さて、今回は廉くんの心臓のお話しでした。

というか、廉君の命と早乙女の宿命を天秤にかける
ようなお話しというのがいいのでしょうか。

洸くんがプレッシャーに負け、自らの体を傷つけ、
晶ちゃんが失恋の痛手から、恋人との記憶を刻印
するかのように、バタフライのタトゥーを彫り、
オリンピックのゴールドへの道が閉ざされた二人の
子供。

もはや、廉くんしかいない。
そう。
ゴールドを目指すことができるのは、廉しかいないの。
もう、私には廉、あなたしかいないの。

母親の最終兵器。
リーサルウエポン…えこひいき。

洸もダメ。
晶もダメ。
お母さんを喜ばせてくれるのは、廉、あなただけ。
お母さんの希望は、廉、あなただけなのよ。

母さん。
ボクは早乙女家の不良品と思われたくないんだ。
だから…だから…。

心臓に重い病を持つ廉くん。

そんなこととは露知らず、母親の悠里は廉に
水泳で金メダルを目指させる…と思いきや。

リカは悠里が傷つくのを恐れ、なかなか廉くんの
心臓のことを言い出せず、丈治に相談し、医師の
診断書を携えて悠里に真実を伝えたわけですが、
診断書を一瞥した悠里は…

「知ってたわ。」

エーっ!!!
知ってたのーーー!!!

知ってて、水泳で、金メダルを目指させていたのー?
悠里、あなたって人は…
あなたって女性は…
あなたって母親は…


息子の命と引き換えに、ゴールドを獲ろうとして
いるの?

あなたは、悪魔に魂を売ってしまったの?

「わたしは大きなかけをしているの。」

「失敗したら家族がバラバラになる。」

「それが早乙女の宿命。」

・・・

エンディングにかけてのこの展開。
どー解釈すればよいのやら。

そのヒントは、もしかしたら、悠里の母、真理恵
(倍賞美津子)に空港で話した内容につながって
いるのかもしれません。

誰も水が出ると思わない枯れ果てた砂漠に、
早乙女は、あきらめずに一人でも井戸を掘る。
そしていつか、奇跡のように水が湧き出たとき、
みんなが喜びの声をあげる。
その声を聞きたいから、自分たちのためだけじゃない。

・・・

早乙女が早乙女である理由。
それは、決して諦めないこと。
最後の最後まで希望を失わないこと。
たとえ、それが命と引き換えになっても…。

自分のためだけに生きるのではない。
諦めずに最後まで闘う姿を示すことで
多くの人に希望を与える。

早乙女はそういう存在でなければいけない。

それが、早乙女の宿命。

たとえゴールドが獲れなくても、
命を賭して希望のために闘う姿にこそ
未来がある…

そんなメッセージなのかしら?
ブログセンターランキング ドラマ

おっと、いけない。
野島ワールドにすっかりはまっている自分…。



それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※ランキングに参加しております。
 最後にコチラを応援クリックしていただけると
 とても励みになります。よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               にほんブログ村

トップに戻る



タグキーワード
2010-09-03 20:36 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。