「龍馬伝42」いろは丸事件 - ドラマな人々@遊Blog

「龍馬伝42」いろは丸事件

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「龍馬伝42」いろは丸事件を観ました。

面白かったですねぇ。
紀州と土佐の談判は。

日本初の蒸気船衝突事故の保障をめぐる攻防は
土佐VS江戸幕府の構図となり、弱者が強者に
勝つための教本のような展開でした。

まさに、金星。
あっぱれ!です。

   


坂本龍馬は、優れた政治家だったのですねぇ。

人の心を読み、時代の流れを読み、相手の先を見通して
説得にかかる。

だから勝つ。

全て、今の世にも言えること。

まずは、世論を動かす。
さしずめ、今ならマスコミを利用して世論を味方につける
なんてことなんでしょう。

世論が、あるいは支持率が政治を動かす。
世論の波は、理屈に勝利する。

紀州を侮辱する替え歌を流行らせる、という民意を利用
した手口を考えたのが龍馬なら、まちがいなく、今なら
名選挙参謀でしょうね。
人気ブログランキングへ

そして、もう一つ。

相手の弱点をつく。
弱点、あるいはコンプレックスを狙い打つ。

紀州藩が幕府の古い国家観に縛られていることを見越し、
近い将来に訪れるだろう国際社会における評価…つまり
世間体を気にする武家社会のコンプレックスを突いた
わけです。

それだけならまだしも。
外国人コンプレックス、英語コンプレックスがあったで
あろう日本人に対し、イギリス海軍提督という最大の武器を
使ってトドメを刺す。
人気ブログランキングへ

交渉上手としか言いようがありませんね。
龍馬ならさぞや優秀な外務大臣になれたことでしょう。

身内である後藤象二郎には、大政奉還の要となるためとプライドを
くすぐりながら味方につけ、紀州に対してはコンプレックスを
ついて有利に交渉を進めていく。

あっぱれです。

最後には、岩崎弥太郎のプライドを守る。
内心、龍馬の交渉術のすごさに面食らい、嫉妬すらおぼえていた
であろう岩崎弥太郎。
優秀な人間は、自分より優秀な奴がそばにいると不愉快でしょうが
ないものなのでしょう。

龍馬による談判の成功は、弥太郎にとっては龍馬に対する敗北
のようなもの。
喜びよりも悔しさのほうが勝っていたかも。

そんな弥太郎の気持ちまでも龍馬は熟知。

弥太郎の商売上手な部分を大きくとりあげ、皆に弥太郎に対し
感謝させる。

これで弥太郎の面目は保たれ、すべてが丸く収まる。

人心掌握術に長けた人物、それが坂本龍馬なんですねぇ。
かえすがえすも天晴れ!です。
ブログセンターランキング ドラマ



それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※ランキングに参加しています。
 また訪問してもいいよ、という方に
 最後にコチラを応援クリックしていただけると
 とても励みになります。よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               にほんブログ村

トップに戻る



タグキーワード
2010-10-17 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。