「フリーター家を買う」第1話 - ドラマな人々@遊Blog

「フリーター家を買う」第1話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「フリーター家を買う」第1話を観ました。

相変わらずのマイペース更新となっております。
火曜日オンエアで金曜日にレビューを書いているなんて
なんて呑気な…

それにしても、ドラマのタイトルから想像していた
内容と実際に視聴して受けた感想のギャップがこれほど
大きいドラマって珍しい…。

驚きました。
正直、もっと能天気なドラマかと…。



約1時間ほどのこのドラマ。
前半はよくある日本の家族の姿…二宮和也 さん
演じる武誠治のような若者は数多くいるでしょう。

正直言うと、私もかつては武誠治のように新卒で
入社した会社の社風というか規律に馴染めず、3ヶ月
どころか研修三日目にして辞めてしまったという
過去を持っています。

その会社は株式関係の情報を扱う会社で、靴下の色とか
ワイシャツのデザインとかネクタイの色までいちいち
縁起かつぎのようなルールがあり、先輩後輩の上下関係
も体育会応援団のような厳格な規律で成り立つような
文化でした。

面接時には、そんな社風だとはもちろん説明はなく、
金銭面の条件ばかりを最優先に入社を決めてしまった自分
の浅はかさでしたね。

学生時代に小劇団活動にかかわっていた私なぞには、
とてもついていける世界ではありませんでした。

それももう、ずいぶん昔のこと。
まだ、フリーターなぞという単語が無かった時代です。
違うのは世の中の景気でしょう。
バブルでしたから。

これほどの不景気、就職難が叫ばれる時代なら、
よけいに就職した会社を辞めてしまうという行為が
重いにちがいありません。

私も会社を辞めたことで、ずいぶんと父親からなじられた
ものです。
武誠治の父親(竹中直人)の台詞は、ほぼそのまんま、
かつて自分が父親から日々言われてた台詞とあまりに酷似
していたため、ちょっと辛い気持ちになってしまいましてね。

ディテールはもちろん違うのですけどね、正直、思い出したくない
自分の過去の記憶を呼び起こされてしまいました。

しかも、父親に対する言い分や母親に対しての
「放っておいてくれっ!」みたいな感情的態度にも、それなりに
心当たりがあり、なんだか昔の自分を見せられているようで
物語が進行すればするほど観ているのが辛くなってしまいまして…。

それが、ドラマ前半に感じたこと。

そして、後半。
ドラマはさらに重い展開に…。

武誠治の母親(浅野温子)がうつ病で壊れてしまう。

「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ。
 キョウモ シヌ コトガ デキマセンデシタ…。」

母親がうつ症状に入る時、カメラのレンズが魚眼に変わり、
彼女が体を前後に揺すり始める…

あの感じ。
あの演出はリアル。

浅野温子さんの一点を見つめ、硬直した表情のまま体を前後に
揺らし始めるとき、逃げ場を失ってしまった彼女の心を
すごく的確に表現していて、これもまた、観ているのが辛く
なるような、それほど臨場感ある演出だと思いました。

辛い。

皆、母親が、妻がこんなふうに壊れるなんて思ってもみなかった。
兆候に気づくことはなかった。

厳格で真面目だけの内弁慶の父親。
自分らしさ求めてフリーターになった息子。
そんな息子を愛する母親。

普通。
すごく今時の家庭。

それが壊れる。
うろたえる。
自分のせいじゃないと思いたい。

でも、ふと自分のせいじゃないかとも思う。
全部じゃないにしても、原因の一端になっているのでは?
と思い、罪悪感を感じる。
あるいは、父親のように全く自分に非はないとあくまでも
息子や壊れた妻を責めてしまうのも、よくある日本の父親像
だと思います。

だから、このドラマは
ちょっとだけ極端に描いているけれども、
どこの家庭でも起こりうる、そして、どこの家庭でもその
兆候を感じることができそうな物語を内包しているような
気がするんです。

だから
辛いし、怖い。
人気ブログランキングへ
フジテレビ系ドラマ「フリーター、家を買う。」オリジナル・サウンドトラック(仮)/...

【CD】嵐 /果てない空《通常盤》:ドラマ『フリーター、家を買う。』...

母親がうつ病になった原因が、家庭内だけでなく、ご近所
づきあいにもありそうで、坂口良子さんの愛想笑いと瞬間
みせる無表情に、今の人間関係の一旦をみるようで、これまた
怖い。

「フリーター家を買う」なんてタイトルから、どうして
こんなに辛く、怖い物語を想像できましょうか?!

ホラーです、これは。
ホラー ホームドラマ。
ブログセンターランキング ドラマ

ドラマの後半の感想は、これにつきます。

さて、壊れた母親をきっかけに
このドラマの家族たちが、どう変わっていくのか?
フリーターの主人公、武誠治は土木工のバイトを始め、
そこで知り合った女性(香里奈)の影響でどう成長して
いくのか…。

どんな展開で家を買うことになるのか?

楽しみ半分、怖さ半分。
いずれにせよ、生半可な気持ちでは観られないドラマで
あることは間違いありません。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。


※ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
 最後にコチラを応援クリックしていただけると
 とても励みになります。よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               にほんブログ村

トップに戻る



タグキーワード
2010-10-22 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。