「龍馬伝46」土佐の大勝負 - ドラマな人々@遊Blog

「龍馬伝46」土佐の大勝負

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「龍馬伝46」土佐の大勝負 を観ました。

今回は後藤象二郎(青木崇高)の回でした。
ワタシ的にはね。
ブログ村ドラマグランキングへ



岩崎弥太郎もそうだろうけど
男のヤッカミって奴は、どーしよーもなく厄介です。

相手が優れていればいるほど相手を認めるわけにはいかない。
相手を認めたが最後、自分のことを否定せざるをえない気持ちに
なってしまう。

自己否定なんざぁしたくない。
だから、相手を否定する!相手を誹謗する!相手を陥れる!

自分がやりたくても出来ない大事を次々と実現していくその様は
嫉妬以外の対象にはならなかったんでしょうね、後藤象二郎に
とっての坂本龍馬は。

今回は、その気持ちが痛いほど伝わってきて、シンパシーすら
感じました。
人気ブログランキングへ

山内容堂(近藤正臣)に対し、坂本龍馬との面会を懇願する
後藤象二郎。

これまで黙して語らなかった坂本龍馬の偉業の数々を恥を忍んで
容堂公に初告白。

今の時代の流れをつくった張本人は坂本龍馬であると。
薩長を結びつけ、幕府を脅かし、幕府に衰退の一途をたどらせて、
大政奉還を迫るこの時代の潮流を起こしているのは坂本龍馬で
あると。

何故、それを言わなかったのか?

「妬ましかったがです!」

この正直な言葉が、ある意味容堂公が建白書を書かせた一つの
要因なのかもしれません。(ドラマ的にはね)

時代の流れを読み、時代の流れに乗ることを尊ぶ容堂公。
その流れをつくっているのが坂本龍馬であり、かつ、
敵対していたはずの後藤象二郎の心をも動かしてしまう
その人身掌握術。

龍馬のつくる波に乗ったほうが吉としたのでしょう。

容堂公も龍馬を妬ましく思っているでしょう。
下士の分際で、脱藩浪士の分際で、
藩を超えて日本を動かし、日本に新しい仕組みをつくろうと
するなどは。

今回は、後藤象二郎を演じる青木崇高の演技がとにかく良かった。
これまで龍馬たち下士の憎っき相手であり、武市半平太、岡田以蔵はじめ
土佐勤皇党の面々を拷問し、死においやった張本人といってもいいほど。

青木崇高さん出世作 ちりとてちん 完全版 DVD-BOX 3 「落語の魂 百まで」

そして、最も龍馬を憎んでいた人物。

その後藤象二郎が容堂公に頭を下げて、龍馬の言葉に耳を貸して欲しいと
懇願する。その姿には、何故か心打たれましたわ。

この役のため、かなり無理して太ったとのこと。
青木崇高さん、目指せデニーロです。
ブログセンターランキング ドラマ



龍馬の意見が聞き入れられ、握手する後藤と龍馬。
それは、一見美しい友情の芽生えのようにも映りますが、それはそれ、
政治の世界に生きる怪物たちの腹の中ばかりは計りかねます。

ただ、平成の世には、これほどの深謀遠慮ある政治家はいないっ!
という事実だけがむなしく思われるのみ。

 【送料・消費税無料】 NHK龍馬伝で話題の高杉晋作の着物を考えてみました。
NHK龍馬伝 伊勢谷...




それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

※ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
 最後にコチラを応援クリックしていただけると
 とても励みになります。よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               にほんブログ村

トップに戻る



タグキーワード
2010-11-15 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。