「龍馬伝47」大政奉還 - ドラマな人々@遊Blog

「龍馬伝47」大政奉還

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「龍馬伝」第47話 大政奉還 を観ました。

やっぱり、「龍馬伝」って、坂本龍馬のドラマであると同時に
岩崎弥太郎の物語でもあるわけですよね。

いつもそんなふうに感じてはいましたが、今回の「大政奉還」を
観て、その印象を改めて強く感じました。

これは「岩崎弥太郎伝」でもあると。

09dc53ea85cb651a.jpg


おそらく「龍馬伝」で描かれる「弥太郎伝」は
ほとんど封印された歴史ではあると思いますけどね。

少なくとも、これほどまでに坂本龍馬が目の上のたんこぶ
であったなどと書かれることはないでしょう。

三菱財閥の方々がどう思ったかはしりませんが、
私は「龍馬伝」で描かれている岩崎弥太郎という人物が
ある意味、坂本龍馬よりも好きです。
ブログ村ドラマグランキングへ

それは俳優、香川照之さんによるところが大きいのかもしれ
ません。

ドラマが始まった当初は、三菱側からそのあまりに汚らしい
演出にクレームが入ったとか聞いていますが、物語の進行に
ともない、そんな小さなことにこだわる必要はないと思い直し
たのではないでしょうか?

ここで描かれる岩崎弥太郎という人物は、自己顕示欲が強く、
向上心、向学心にあふれ、決して現状に甘んずることなく、
明治維新前にすでに自ら維新を体現したような男。

その立身出世のためには、手段を選ばず、たまに友情を
犠牲にするようなことにも手を貸しますが、そうした
際の弥太郎の苦渋する姿がなんとも人間らしく、龍馬の
寛容さ以上に生身の人間を感じさせるものでした。

エゴと優しさが常に交錯した生き方。
そして、その目の前にはいつも龍馬がいた。

龍馬という土佐人がいなければ岩崎弥太郎の人生も
違ったものになったのかもしれませんね。


そんな弥太郎が、最後の最後に龍馬に負けたと思わせた
大政奉還。

戦になれば武器が売れる、と算盤をはじいていた弥太郎。
その戦を未然に防ぎ、大政奉還を目論む龍馬。

薩摩も長州も、もちろんほとんどの藩は大政奉還など
できるわけがない、と思っていたわけで。

商人、岩崎弥太郎とすれば、戦ありきでタイミングを
図るのが筋でしょう。

しかし、長崎商人たちは内心、龍馬の実行力が大政奉還を
実現させるのではと踏んでいたようですね。
それを知った弥太郎とすれば、

またも龍馬かっ!

と嫉妬の嵐吹き荒れる心情でしょう。

でも、結局弥太郎は龍馬の人間力にかけたわけです。
龍馬なら不可能を可能にする。
大政奉還を成すと。

だから、武器を大政奉還前に売りさばいしまったわけで…。

しかし、商人としては読みは間違わなかったのですから、
やはり岩崎弥太郎の商才は確かなものだったのでしょう。

龍馬に負けたと叫んでいましたが、
商売には勝ったわけです。

岩崎弥太郎は、世の流れを先読みする力があったという
こと。龍馬に負けたわけではありません。


さて、いよいよ最終話。
龍馬の最期をどう描いてくれるのでしょうか?
楽しみです。
人気ブログランキングへ

それにつけても
現政権の情けない状況を見るにつけ、龍馬の垢を煎じて
飲ませたいですわ。

内輪の政争ばかりで、日本の未来像が描けない政治家ばかり。
そして、あいもかわらぬ失言のオンパレード。

どーなってるんだい、日本の政治家たちよ!

脱官僚支配が利いて呆れるぜ、菅直人っ!!!
中国の胡錦濤主席との会談の冒頭挨拶で、すでに官僚の書いた
原稿を丸読みするアンビリーバブルな行動をとりやがって!!

人に挨拶するときには、相手の目をみてするものだろぅ。
もう、恥ずかしいったらありゃしない。

恥を知れ!
もう一度、お遍路しなおしなさい!
そう。
四国八十八ヶ所巡礼して、土佐で坂本龍馬が夢見た日本について
想像してみなさい。

はぁ…。
情けない。
ブログセンターランキング ドラマ

最終回、「龍の魂」では、幕末の志士たちの真に命をかけた建国の志
を集約するような「龍馬伝」であって欲しいものです。



それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               にほんブログ村

トップに戻る



タグキーワード
2010-11-22 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。