「流れ星」第7話 二人きりの夜 - ドラマな人々@遊Blog

「流れ星」第7話 二人きりの夜

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「流れ星」第7話 二人きりの夜

を観ました。

やっぱり、美奈子(板谷由夏)はドナーにならなかったですね。
ならなかったというか、なれなかった・・・。

あの心変わりは、なんていうか、梨沙(上戸彩)に対するコンプレックス
というか、梨沙の無償の行為への対抗心、あるいは、自責の念?・・・。



なんだか、ドナーになることを拒否したことに罪悪感すら
覚えてしまいそうですよね、美奈子さんの立場だと。

「無理してるんだろ?」

と健吾(竹野内豊)に言われる美奈子さんも辛いよね。

「はっきり言ってよ。」

「美奈子とは結婚できない。」

これも辛い。
優しさも辛いし、はっきりと言われるのも辛い。
ブログ村ドラマグランキングへ

なんで、美奈子とよりを戻そうと思わなかったのか・・・
梨沙と出会う前に、美奈子からドナーになると自発的に言われれば
より愛は深まったはずなのにね。

この時点で、すでに自分でも気づかぬうちに、健吾の中で梨沙の存在が
大きくなっていたということなんだろうと思ますね。

愛まで行かずとも、縁を感じるというか、ともに生きる同志のような
感覚を共有しはじめているのかも。

言い換えると、梨沙は「家族」になりつつあるんだと思う。

でもね、美奈子はやっぱり重いよね。
言っちゃなんだけど。

ドナーになると突然翻意して、マリアちゃんを見舞おうと健吾に
何度も連絡を入れ、今日は行けないと健吾が言っているのに
ずーっと健吾が現れるのを待っているんだもの。

いくら優しい健吾といえども、あの光景は引くよ。
引いちゃうよ。
そこまで無理するなよ、って言いたくなりますよ。
人気ブログランキングへ


梨沙と二人きりで話がしたいとマリアが言い、なんでドナーに
なろうと思うのかを問いただすと、梨沙が自殺しようとしていた
こと、そして、自殺を思いとどまり生きているのは健吾がいた
からだと答え、それを聞いたマリアは梨沙を「信じる」と言う。

信じる。
信じられる。

梨沙は信じられる人間。
信じるに値する人ってどういう人なんだろう?

梨沙の口から発せられる言葉は数少ない。
ボキャブラリーも豊富ではない。

それは、本音しか言わないから。
無駄なことは言わないから。
虚飾がないから。

神谷(松田翔太)も梨沙を信じることにしたと言う。

「マリアを助けたい。マリアに生きていてい欲しい。」

その言葉に嘘はないと信じることができた。
それ以上の説明は必要なかった。

言葉は必要。
でも、言葉は多いからといって力を発揮するものではない。
口数が少ない梨沙と健吾。

でも、二人は互いに信頼関係を築いている。
二人にしかわからない絆を感じ始めているよね。

二人きりの夜。

梨沙は移植手術で傷つく前のきれいな腹部を健吾に見せます。
このお腹をよく覚えておいてほしいと。

健吾も目に焼き付けます。
何故、梨沙がそんなことを健吾に言ってきたのか、その意を
理解して。

これ、愛とかそんな言葉では言い表せないほどの絆を感じるシーン
でした。

いいシーンでした。

健吾が梨沙に寄り添うようにベッド脇でうたた寝をしていた絵柄も
良かったですね。

 

口数が少ないけど、決して言葉足らずではない、っていうのが
この二人の共通したことこかな。

その対局にいるのが、饒舌な兄、修一(稲垣吾郎)。

彼は言葉で人をだまし、言葉で人の信用を失っていく。
梨沙や健吾と正反対。

うまく言えないけど、このドラマを観ていると
人と人とが信頼しあうのに、言葉ってそれほど必要ないんだなぁ、
って漠然と思います。

8話目にして、移植手術。

ここからですよね。
本当の家族になれるかどうかのクライマックスは。

そして、梨沙と健吾の間に生まれる愛情がどんなふうに描かれるのか、
そのあたりのシナリオと演出が楽しみです。
ブログセンターランキング ドラマ


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

トップに戻る



タグキーワード
2010-12-01 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。