「パーフェクト・リポート」第8話 - ドラマな人々@遊Blog

「パーフェクト・リポート」第8話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「パーフェクト・リポート」第8話

を観ました。

蒼山(松雪泰子)の報道姿勢に大きな影響を与えた11年前の事件。
ある家族が何者かに襲われ、母親が惨殺された・・・そして
その場にいた息子にも容疑がかかってしまう・・・

その少年が、青年となって再び蒼山の前に現れ、再び事件を・・・

20001305_1.jpg


アルバイト先の同僚をナイフで刺した!

青年が血の付いたナイフを握り、その前に被害者が倒れている
映像もある。

青年は逮捕。

過去の取材に問題があったと悩む蒼山。
自分の報道姿勢が少年の心に大きな傷を残した結果、再び
今回のような事件を起こしたのでは?

と考えてしまう。
 
果たして、青年の心は蒼山のせいで病んでしまったのか?
何故、青年は同僚を刺したりしたのか?

そんな切り口で始まった第8話。


でも、このドラマ・・・実は、青年は真犯人ではなく、
刺された被害者の自作自演であろうことが容易に想像が
ついてしまいます。

で、案の定、そのとおりの展開に・・・。

蒼山は、証拠の画像もあり、かつ、自らのトラウマ的な事件の
当事者である青年に対する先入観が強いためか、この刺傷事件
の犯人をその青年と信じて疑わない。

自分が青年を犯罪者にしてしまった・・・。
そんな悔悟を抱く蒼山。

それを見ていた友軍チームの面々が、この青年の刺傷事件には
いろいろと疑問点があると指摘しはじめ、皆で取材しなおす
ことに。

その結果

青年が過去に起こした傷害致死事件の被害者が、バイト先の同僚の
尊敬する先輩だったことから、その復讐の意図で自作自演を企んだ
ということがわかります。

青年は蒼山が想像していたような人間ではなかった。
素直なまっすぐな心をしていた。

蒼山がずっと気になっていた青年との11年前の記憶。
別れ際、車に乗った少年が蒼山にみせた笑顔。
笑顔・・・というより、自分の犯罪が見破れなかった蒼山たちを
侮辱したような笑み。

・・・と蒼山は思った?
少年が母親を殺したの?
だから、あんな笑みを浮かべたの?

いや、そんなことはない。
少年は母親を殺してなんかいない。
私は少年を信じる・・・。

だから

教えて!
何故、あなたは最後に笑ったの?
あの笑みは何を意味していたの?

11年間、蒼山が知りたかった真実・・・。

青年の答えは簡単なものでした。

「覚えてないな。」

ただ、あのときはよく覚えていた。

「蒼山さんが泣くのを見て、もう、いいと思った。
 あなたの責任じゃない、って言いたかった。」


自分が泣いていたなんて、全く記憶にない蒼山。

笑ったことを覚えていない青年。
泣いたことを覚えていない蒼山。

蒼山がずっと聞きたがっていた真実・・・それは蒼山の思い違い。

笑った顔に意味があるのでなく、その笑みに秘められた少年の蒼山に
対する信頼にこそ意味がある。

表層を追うのでなく、深層を探る。
そして、真実は時に、あまりにたわいもない誤解の中に
隠れていたりする。

安堵の表情の蒼山。
11年間のわだかまりが溶けていく。

この真実にたどり着いたのは、蒼山の力だけではなかった。
友軍チームの面々が、蒼山にかわって積極的に調査をしなおし、
取材を試みた結果だった。

そのことが一匹狼で生きてきた蒼山にはうれしかった。
ブログ村ドラマグランキングへ

一人ひとりは力はなくとも、チーム全体で動けば力を発揮する。
そういうチームも悪くないと思い始めた蒼山。
また、友軍メンバーたちも蒼山の取材姿勢を認め始め、かつての
ような反抗的態度も影を潜めるように・・・。

ここにチーム蒼山が正式に誕生!って感じですかね。
人気ブログランキングへ

で、11年前の事件ですが、
青年が蒼山との別れ際、突然フラッシュバックとなって青年の
記憶をよみがえらせる。

その場に倒れ込む青年。

母さんが殺された時・・・太陽を見た。

それは、太陽の形を象ったキーフォルダー。

これがきっかけとなり
11年前の殺人事件の真犯人に近づくことになるんでしょうか?

このドラマ、11年前の真犯人を見つけ出すのがテーマって
わけじゃありませんよね。

第1話が総理大臣をめぐる真相ではじまって、けっこう骨太な
ドラマかと思いきや、回を追うごとに軽いドラマであることが
わかってしまい・・・

ま、それはそれでいいんですけどね。
蒼山の事件と赤坂が追う事件が、最後にリンクして大きなテーマに
なってくると面白いんだけどなぁ、なんて勝手に思ったりして
います。
ブログセンターランキング ドラマ


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

トップに戻る



2010-12-07 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。