「獣医ドリトル」第8話 最終章〜安楽死 - ドラマな人々@遊Blog

「獣医ドリトル」第8話 最終章〜安楽死

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「獣医ドリトル」第8話 最終章〜安楽死

を観ました。

以前、このドラマの手術シーンはスゴイと
「獣医ドリトル」第4話のレビューで書いたことがありました。
人間と動物のを同じ目線で見ていること。
動物の治療シーンの演出に手抜きがないこと。
このドラマがとてもクオリティの高い作品であることに
感銘を受けたという感想を書いたかと思います。

最終章の今回、「獣医ドリトル」のテーマがより鮮明になってきたと
思います。



それは、普遍的な意味での「命」。
「命」と真剣に向き合うこと大切さ、難しさ。

あるいは、「生きる」ことの尊厳。
醜態さらしても生き続けることも間違いなく生きていること。

土門(國村隼)が口癖のように繰り返す「安楽死」をつうじて
行きとし生けるものの「尊厳」とは何か、ということに
思いを馳せてしまいます。

命と尊厳。

ペットだけの話ではありません。
ほかならぬ、土門大蔵の父親が肝臓がんの末、痴呆の症状を呈し、
息子である大蔵のことが認識できなくなってしまいます。

その病状を見て、息子である大蔵は父親の延命治療を希望せず
むしろ尊厳死を望んでいるかのようです。

動物の命。
肉親の命。

土門大蔵にとっては、どちらも軽いものなのか、
愛憎入り交じった感情が、そう言わせているのか、
そのあたりはよくわかりませんが、少なくとも
土門大蔵にとって、命とは他人に迷惑をかけて
生きながらえるものではないようです。

また、このドラマでは、親子関係というのも重要なファクター
になっていますよね。
特に、父と子。

大蔵と大蔵の父。
大蔵の父は大蔵が獣医になることに失望していた。
大蔵を侮辱しつづけたらしい。

それは、大蔵が長男の勇蔵に対している態度に重なります。
しかし、勇蔵は大蔵ほど強くありません。
大蔵は自分の父に勝つことだけを考え、獣医の道に進み
父が成し遂げられなかった全日本獣医師会会長の職につきましたが、
勇蔵にはその父を超えるだけの勇気も力もありません。

それは父親に対する憎しみというよりも、父親から信頼されていない
ことへの失望、悲しみ、孤独といったものに感じます。

そして、第8話のクライマックスといってもいいでしょう。

大蔵が長男、勇蔵(笠原秀幸)の誤診を責めて、殴り倒した
うえで、病院を次男の龍平(菅田将暉)に継がせると告げ、
それを聞いてしまった勇蔵が気がふれんばかりに絶叫し、
テーブルにあったアイスピックを振り払い、それが愛犬の
バルザックに命中してしまうシーン。

勇蔵の心の奥深くに押し隠していた「悲しみ」がいっきに
爆発したようでした。
勇蔵にも問題はありますが、肉親から信頼されていないという
深い悲しみには同情を禁じ得ません。

勇蔵のあの叫びに、不覚にも、思わずもらい泣きしそうでした。
ブログ村ドラマグランキングへ


さて、

人気女優の三島ユイ(夏帆)の飼い猫、ライムのお話は、
まあ、上に書いたようなテーマのガイドストーリーのような
感じなので、詳細は省きます。

三島ユイが乳がんになって自暴自棄になり、自分の命を粗末に
考えていたのが、排泄のしかたに問題をかかえる猫のライムが
実は病気であり、手術をして治療すれば、排泄の問題も解決できる
ことがわかると、ユイ自身も生きることに前向きに変わり、ライム
とともに生きたいと思うようになる・・・


《代引き手数料0円!5,250円以上送料無料》おでかけ猫トイレOCT-390
[猫トイレ・猫のトイレ・ネ...


ざっとそんなお話でした。

そこに土門とドリトルの対決が絡んでくるので、見応えがありました。
二人のやりとりは、さすが今を時めく小栗旬さんとベテラン國村隼さん
ならではで、丁々発止の攻防には緊張感があっていいシーンでしたね。
人気ブログランキングへ
◆獣医からもらった薬がわかる本

さて、来週はいよいよ最終回。
なんか、ちょっと早いような気がします。
もっと、いろいろ描くべきことがあるような気もします。
いいドラマだけにもったいない。

やっつけの印象にならない最終回を期待したいですね。

「動物の命」「人間の命」そして「命と尊厳」・・・
「命」というテーマに「獣医ドリトル」なりの光のあてかたを
して欲しいと思います。
ブログセンターランキング ドラマ


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

トップに戻る



タグキーワード
2010-12-12 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。