「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第2話赤い死者を吊るす殺人者…」 - ドラマな人々@遊Blog

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第2話赤い死者を吊るす殺人者…」

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」
 第2話「赤い死者を吊るす殺人者…」


を観ました。

第1話よりも観やすかったですね。
でも、面白かった!
と心から言えるまでには至らなかったです・・・はい。
残念ながら・・・。
視聴率情報はブログ村へ
image-18.jpeg


【送料無料】TBS系 金曜ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」
オリジナル・サウンドトラッ...


冒頭の「美人プロファイラー」のクダリは面白かったです。
第1話が全編深刻な雰囲気で覆われてたのには、少々参って
いたので、救われました。

「さすが、噂どおりの美人プロファイラーさんですね。」

「そういう言い方はちょと。」

「失礼しました。」

「容姿と能力は関係ありませんから。」

エレベーターに乗り込む香月翔子。
堪えきれずに笑みをたたえ・・・

「美人プロファイラー・・・
 美人すぎるプロファイラー・・・。」


この一連のシーン、音楽も妙に大げさな雰囲気で笑えました。
北川景子さんが美人であることを利用して、もっとこういう笑える
シーンを増やしていただけるといいなぁ、なんて勝手に思いながら
観ておりました。
無料動画ならブログランキングへ

それにしても、今回もけっこういい俳優さんたちをもったいない
使い方していましたね。

柏原収史さんといい、榊英雄さんといい、
そして、犯人役の佐藤江梨子さんといい。


女優力 佐藤江梨子(DVD) ◆20%OFF!

妹を溺愛したばかりに、自分から離れていく妹が許せなくて
殺害してしまった過去。
その事件は単なる転落事故で処理されて・・・

美容院で働くうちに、妹にそっくりな女性を見つけると
その女性に妹のイメージを重ねるようになり、ストーキングし、
理想の妹像と異なると殺害に及んでしまう。

妹のシンボルでもある赤いダッフルコートを着せ、妹が身につけて
いたサイズの下着に着替えさせ・・・

そして、熊のぬいぐるみを半分にちぎり、半分を自分の手元に
置いておく。

異常ですよね。
異常すぎて、ある意味、
佐藤江梨子さんにぴったりの役。

佐藤江梨子/腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

正直、プロファイリングなんかよりも、

佐藤江梨子さんによるストーキングシーンや、
佐藤江梨子さんにほる暴力的で大迫力の殺害シーンを


観てみたかったというのがホンネです。

image-19.jpeg

プロファイリングのほうはというと

殺害された被害者女性二人の同じ髪型がクローズアップされて、
共通の美容室が浮び、美容室に聞き込みをした際に、榊英雄さん
が現れた時に、まちがいなく犯人はこの人だろうと思ってしまい
ました。

私のプロファイリング(ヤマ勘)では、一番犯人っぽかったん
ですけどね。見事に外しました!

塚地武雅さんの刑事が佐藤江梨子さんの後をついてストーキング
しているようなシーンは、いかにも!って演出で、ちょっと
空々しい感じ。

ストーカーが現れたら捕まえる気でいたからなのか、ずいぶん
後方から見張っていましたね。ただ警護するのなら、彼氏役で
並んで歩いてあげればいいのに・・・なんて余計なことを
考えたりね。

で、佐藤江梨子さんが塚地さんに接近した理由が、塚地さんの
車に熊のぬいぐるみを置く目的だったわけでしょ。

ま、脚本家の狙いはわからないわけじゃないけど、なんか
無理矢理な印象かな。

一見、女性を狙った男性ストーカーによる殺人事件と思いきや
実際の犯人は女性。
しかも、姉が妹を愛するがゆえに殺害してしまったことから
今回の事件に結びついたという展開は、面白いけど全開の
DAIGOのように佐藤江梨子さんをもっと観たかったですね。
ブログセンターランキング ドラマ

彼女、いい女優ですから。



ちょっと腑に落ちないのは、ぬいぐるみ。
男性が犯人ならぬいぐるみ半分を持ち帰り、被害者とマスコット
を共有する感じはわからなくはないですけど、これが女性の犯人
で、しかも姉の犯行となると、どこか違和感を感じてしまいます。

あとはですね、やっぱり北川景子さんの肝のシーン。
追体験シーンなんですけど、あれって必要なんでしょうか?

なんて言うと元も子もないような感じですけど、前回ほどじゃ
ないにしても、追体験するシーンで北川さんが言う台詞が
犯人の台詞と重なり、犯行のディティールが鮮明になっていき
犯人像の特定に結びつくっていうのも力技すぎるような・・・。

ヨガ教室を特定するのもなんだか力技で強引な感じ。

とりあえず、今回はバラバラだったプロファイラー三人が
個々で調査をすすめ、個別のデータを総合したら見事な
プロファイルが完成していたという、チームが結束していく
流れをつくるのがメインだったと思うので、次回からは
チームとしてのプロファイリングの妙を楽しませてもらえれば
と思います。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

トップに戻る



2011-01-15 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。