「江〜姫たちの戦国〜」第2話 父の仇 - ドラマな人々@遊Blog

「江〜姫たちの戦国〜」第2話 父の仇

1こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「江〜姫たちの戦国〜」第2話 父の仇

を観ました。

まだまだ、始まったばかり。
マラソンでいうなら、スタートして1km地点にも到達していない
くらい。

なので、感情移入もしづらいところ・・・という感じでしょうか?
ブログ村ドラマグランキングへ



茶々、初、江の三姉妹もまだまだ若く、特に江は子供らしさ
いっぱいで、無鉄砲でやんちゃな印象。
それはまるで男の子のよう。

江を演ずる上野樹里さんは、そういう若かりし江を演じるに
あたって、ああいう雰囲気を出しているのでしょう。

まるで

江姫カンタービレ。
【セール特価】のだめカンタービレ 最終楽章 後編
スペシャル・エディション


これが成長につれ、どんなふうに変化していくのかが楽しみ
といったところでしょうかね。

女の戦を経験し、大人へと成長する姿を演じていくことで
上野樹里さんの女優としての技量を磨き、力量をいかんなく
発揮していただきたいところ。
人気ドラマはブログランキング

はじめて父、浅井長政の仇が伯父である織田信長である事実を
知った江が、夜中にたった一人で面会に行くシーンが今回の
ハイライト。

でも、思ったほどの緊張感はありませんでしたねぇ。
やっぱり上野樹里さんのホンワカした雰囲気が、場をなごませ
てしまうからでしょうか?

もうちょっと、キツメな態度で信長に質問していっても
良かったかなぁと、ちょっと思いました。
まだまだ、木刀の雰囲気なんですよね。

それにひきかえ、鈴木保奈美さん演じる江の母、お市の方の
口上のほうがピリッとしていて、真剣勝負という感じが強いん
です。

女の戦は、今を生きること。

なるほどね〜、平成の不況の今も女性のほうが元気にたくましく
生きられるのも、お市の方のこの精神が生きているからなのかも
しれません。

あとは、信長が解く戦論。

妹の夫を切腹させる・・・これも戦。
森蘭丸ら三兄弟の父は浅井長政によって殺されたにもかかわらず
江ら三姉妹の世話をおおせつかう・・・これも戦だから。

要は、恨みつらみ、怨恨をもったところで何も生まれない
ということ。
戦が終われば、敗者の髑髏を金箔で覆い、ともに杯を酌み交わし
相手を敬う。
そして、また、次の戦へと突き進んでいく。
武士が生きるとは、その繰り返しだったのかもしれません。

男どもが繰り広げる戦に翻弄されながら、今を強く生きることを
強いられた女性。
その生き様をきっと上野樹里さんは立派に演じてくれるだろうと
信じています。
ブログセンターランキング ドラマ



それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

トップに戻る



タグキーワード
2011-01-16 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。