LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 第5話 - ドラマな人々@遊Blog

LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 第5話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございました。

LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 
第5話 禁断のプロファイリング


を観ました。

なんだか、まさに

禁断!

って感じがしてきましたね。
何が?って
視聴することが禁断みたいな感じがしてきましてね…。
ブログ村でランキングチェック

LADY北川景子.jpg




期待した

柳楽優弥くんも

不発で終わってしまいました。

「ボクは生まれながらのモンスター!」

ってセリフがむなしく鼓膜を震わせます。

ああ、きっとモンスターの部分を日本語で言えば
すっきりするはずだ!

そう気付いた私は、心の中でつぶやきました。

「ボクは生まれながらの怪物くんだ!」

ああ、このほうがドラマのテイストにあってる気が…。

「ボクは生まれながらの怪物くん!」
「違う!あなたは生まれながらの怪物くんじゃない!」

「あなたは自分が怪物くんじゃないかと心配で
 今泉教授(哀川翔)のカウンセリングを受けた
 んだわ。そしたら、教授がこう言ったのよ。」


「安心しろ。君が生まれながらの怪物くんなら
 私は生まれながらのゼブラーマン。
 ゼブラビーム!」


「違う!!ボクは生まれながらの…」
「生まれながらの怪物くんなんていないのよ!」

「あなたが殺した本当の理由。
 それはスイッチを探していたのよ。」


「君は死体の背中を四角く切り取っていた。
 まるでオモチャの電池ボックスだ。」

「あなたは命のスイッチを探してたのよ!」

「違う!スイッチなんか探さなくてもドラえもんが
 最後になんとかしてくれるんだ!」


人気のブログを探すならコチラ

はぁ〜。
ふぅ〜。

★酒鬼薔薇聖斗の告白
★「少年A」この子を生んで…

そういえば、こんな供述していた実在の殺人犯が
いましたよね。

赤ん坊の目の前で母親を殺し、かつ、殺した
後に姦通し、そして、死体を押し入れの中に
隠した少年。

「何故、そんなことをしたのかい?」
「だって、ドラえもんの漫画にあったから。
 ドラえもんがなんとかしてくれる。」

「つまり、少年はたんなる欲望を満たすために
 殺人を犯したのではなく、ドラえもんの影響を受け
 復活の儀式を実行したにすぎないのです、裁判長。」

★橋下弁護士vs光市裁判被告弁護団

実際の法廷でもこんなやりとりがなされていた
わけですからね。
ふざけたもんです。
HOSI
★光市事件裁判を考える


このドラマがこういう犯罪例や報道内容をネタ元
にアレンジして作られているんだろうことは想像
できますが、サスペンスドラマとして、もっと
上手に盛り上げてほしいものですね。

なんか、ネタがネタで終わってしまっているのが
至極残念。

それに、巽と誘拐犯が兄弟だったというオチだった
わけですけど、兄が押し入れでトラウマとなった
斬殺現場を目撃していたとき、弟は生まれたばかり
のはず。

ってことは、現場にいたわけでしょ。
兄の巽は、弟の存在を自覚していたんでしょうか?

あの時点では母親が父親を殺したことになっている
わけですけど、弟はあの事件については全く
知らされないまま大人になったんでしょうかね?

そもそも、強盗犯の仕業なのに、母親が殺人犯に
なるなんて、当時の警察の捜査もひどいもんです。
巽少年が、母親が殺したと証言したってことなんで
しょうけど。

ま、いっけど。

巽は4歳で母親に公園に置き去りにされ、警察に保護されて、
養護施設に入り、後に裕福な家庭に育てられたらしいんです
けどね。

でも、その前に母親が父親を殺す現場を押し入れで
目撃しているんでしょ。
あの流れだと、母親は事件後に即逮捕ですよね。

じゃあ、いつ母親は公園に巽を連れて行ったんでしょ?

公園に置き去りじゃなくて、父が死に、母が留置所
だから養護施設に入ったならまだ話はわかるけど。

で、その時、すでに弟はいたはずなんだから、
そのあたりのエピソードをちょっとは入れてくれないと
非常にフンギリの悪いお話になってしまいますわ。

せめて、誘拐犯と巽の電話のやりとりの中に
二人が兄弟だったと匂わせる展開か何かがあったほうが
まだマシだったような気もするのですが。

★殺人者はいかに誕生したか
「十大凶悪事件 (単行本・ムック) / 長谷川 博...


ふぅ。

盛り上がりそうで、盛り上がらない。
とても、体力気力を要するドラマです。

香月(北川景子)の関西弁がむなしく響きます。
ブログセンターランキング ドラマ


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-02-06 07:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
いつも楽しく見せてもらっています。
少し私の見解と異なるのでコメントを。

巽の父が殺された事件は,
警察には強盗として捜査されたのでは?
その証拠に,新聞記事を探すシーンがありましたよね?
で「そのような事件はなかった」とかなんとかと
北川景子が言っていたので,
おそらく「母親が父親を殺した」というストーリーは
巽の頭の中のfantasyだったっていう
プロファイリングだと思うのですが…いかがでしょう??
あと,弟は事件の時には妊娠中だったという記憶があるのですが。
Posted by at 2011年02月08日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。