「江〜姫たちの戦国〜」第8話 初めての父 - ドラマな人々@遊Blog

「江〜姫たちの戦国〜」第8話 初めての父

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「江〜姫たちの戦国〜」第8話 
 初めての父


を観ました、。

「初めての父」というサブタイトルですが、
これは江にとって柴田勝家が初めて父上と呼ぶこと
のできる存在ということなんでしょうが、私の感想で
言えば

「柴田勝家、父になる」

というサブタイトルのほうがしっくり来ます。
ドラマブログを探すならブログ村へ



前回まで、柴田勝家(大地康雄)が喧しいばかりに
思えたのですが、今回は姫君たちを前にした勝家の
おどおどした態度が、なかなかチャーミングで
楽しめました。

それと、江が勝家のもとに出向き、

「ち、ち、ち、ち…」

と、父上と言おう言おうとするのですが、なかなか
素直に言うことができない感じと、それを察して
父上という言葉をやや興奮気味に期待する勝家の
表情がなんともコミカルで面白かったですね。

馬に乗って出かけたきり、嵐の夜に帰ってこない
江。
家来どもに捜索を命じるものの、見つからないと
みるや自らが探しに出かけるシーンからは、けっこう
見入りました。

というのも、どのタイミングで江は勝家のことを

「父上」

と呼ぶことになるのかを楽しみに観ていましたから。

嵐の中、落馬して動けなくなっている江を勝家自らが
助けに来て抱き起し、江が思わず「父上」と口にするか、

あるいは

おおかみに襲われそうになっているところに勝家が
駆けつけ、追い払うと勝家の胸に「父上」と叫び
ながら飛び込む江。

はたまた、翌日ひょっこり帰ってきた江を
厳しく叱りつける勝家に対し、思わず

「父上、すみませんでした。」

と口にするのか、

叱りつけた後に感動の抱擁…そこで

「父上」

と口にするのか…

いろいろと予想しながら観ていましたが、全部
はずれでした。

◆特典付!その時歴史が動いた DVD BOX 
戦国編(DVD5巻セット)【お取り寄せ】

◆最も輝ける、劇的な一瞬。
人間のドラマ「生きた歴史」を伝える。
【CRBI-5049その時歴史が動いた...


感動のシーンではついに言わず。
ここで言わせなさいよ、と思いましたが、結局
日が改まったところで、皆が素直に「父上」と
読んでいる様子になっていました。

まあ、ありがちな演出を避けたんでしょうけど
こういう感動のシーンはベタでもいいような
気がするのは私だけでしょうか?
見逃した時にウレシイ無料動画を探すならランキングへ

とにかく、まだまだ10歳当時を演じている
上野樹里さん…
一日も早く、年相応の時代を演じていただきたい
なぁと切に思うしだいです。
ブログセンターランキング ドラマ

◆賎ケ嶽

◆NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック
「江〜姫たちの戦国〜」


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。


ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-02-28 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。