「冬のサクラ」第7話 娘に遺す、最後の言葉 - ドラマな人々@遊Blog

「冬のサクラ」第7話 娘に遺す、最後の言葉

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

冬のサクラ 第7話
 娘に遺す、最後の言葉


を観ました。

ドラマの展開としては、さほど大きな変化は
ありませんでしたね。

航一(高嶋政伸)は相変わらずのエゴイストっぷりを
発揮。
高嶋政伸さんのこのキャラも、かなり観慣れてきて
きまして…多少、これまでとは違う側面も見せて
くれないかしら、と思ったりいたします。
ドラマ好きが集まるブログ村へ



航一の愛は、一人の女性に対する愛ではなく、
ペットの小鳥を籠の中で飼うように、自分だけの
愛玩に対するもの。

それはやはり子供が理想を追うようなもので、
とても幼稚な形の愛。

航一は社会的には大人としてふるまえても、
対人間…特に女性に対しては、その精神は子供の
ようなエゴイストなんですよね。

そういう子供は、たとえば自分と信頼関係にあると
信じていた家族から、ひとたび自分の価値を否定
されたり、自分のプライドが崩れたりすると
今まで見せてきた傲慢さ、不遜さは跡形もなく
消え、突然怯えるように…押し入れの中で一人
泣く子供のように、堪らない孤独に打ちひしがれ
自分の存在が全否定されたかのような人格崩壊を
見せていくような気がします。

◆ママでいるのがつらくなったら読むマンガ
◆夫というもの

愛玩を失う子供の悲しみ。

そこから先は、幼児性を極めるか、大人への成長の
足がかりにするか…

航一の気持ちの変化にも、これから注目していき
たいなぁと思います。

さて、今回は石川病院を抜け出した萌奈美(今井美樹)
が、自宅に携帯電話を置いていったことで、新しい
展開につながりましたね。

ま、携帯電話を持っていると航一の影に常に怯えて
いないといけないからなのでしょう。
そして、その携帯は娘の琴音ちゃんが手にすることに。

それが祐(草g剛)と言葉をかわすきっかけになり、
母、萌奈美の置かれた立場を理解するようになります。

きっと、祐という男性が今の母には必要なのだと
悟ったのでしょうね。
航一の娘としては辛いと思いますけど。

意外だったのは、航一の母(江波杏子)の態度。

記憶を失いたくないという萌奈美の気持ちを察し、
嘘をついてでも無理に手術をしようとする息子の
航一を叱責します。

手術をするか、しないかは
患者が決めること!


おっしゃるとおりです、お母様。
ただの陰険な子煩悩の母親じゃあなかったん
ですね…見直しました。

◆TBS系 日曜劇場「冬のサクラ」オリジナル・サウンドトラック /
TVサントラ

◆【初回仕様あり!】愛してるって言えなくたって / 山下達郎

航一のほうは、祐が暮らす肇(佐藤健)のアパート
に勝手に上り込み、祐の首を締め上げて問い詰める
という異常さを発揮。

その迫真の演技を観ながら、つい先日の
ぴったんこカンカンに出演していた際の
高嶋政伸さんを思い出して笑ってしまいました。

高嶋さん、中華街での撮影中、司会の安住さんを
祐にみたて、

「手術さえすれば…手術さえすれば…」

と、それはもう完全に航一が瞬間憑依したかの
ような迫真の演技で安住さんを攻撃していて
その豹変ぶりがあまりに見事だったので、笑いが
堪えられませんでした。
無料動画を探すならブログランキングへ


★ぴったんこカンカンで石ちゃんも絶賛!美味しい焼豚ですって
ananでも紹介★


それと
愛人の白石理恵(白羽ゆり)。
彼女の気持ちもわからなくもないですよね。

それほど良い人とは思わないけれど、
妻の行動に翻弄される航一の姿を見ていて
イラつき、愛人としての自分の存在がどんどん
蔑ろにされていく中、妻の萌奈美に二人の関係を
暴露したくなる気持ち…彼女は彼女なりに
苦しんでいるわけでね。
少し、同情します。

この白石理恵を演じている女優さんの白羽ゆりさん、
宝塚出身だったんですね。
写真集も出されていたようで…


まだ、テレビドラマの出演歴はほとんど無いよう
なので、これからが楽しみな女優さんでしょう。
演技はしっかりしているから、刑事ものでも
医療ものでもしっかり脇を固められそう。
ブログセンターランキング ドラマ


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-02-28 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。