TAROの塔 第1話 - ドラマな人々@遊Blog

TAROの塔 第1話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

NHK土曜ドラマ「TAROの塔 」
第1話 太陽の子


を観ました。

やっぱり、NHKは凄いな。
そもそも、岡本太郎という芸術家をドラマにする
という発想じたいがスゴイと思います。

だって、岡本太郎という人間を演じることって
相当難しいことだと思うから。

下手すりゃ、パロディになってしまう。
ドラマ好きが集まるブログ村へ



だから、松尾スズキさんがどんな岡本太郎を見せて
くれるのか…

へんに岡本太郎の特徴の模倣になってしまわないか…
いわゆるモノマネになってしまわないか…

そんなことを考えながら観はじめました。

でも、そんなことは杞憂に終わりましたね。

冒頭の

芸術は爆発だ!

の一言とカメラを見据える松尾スズキさんを観て

ああ、岡本太郎がいる、と思いましたもの。

岡本太郎氏というと、やはり、大阪万博の
太陽の塔以降のメディア露出によって広く認知され
たという印象があります。

私自身、芸術は爆発だ、という言葉と同じくらい

グラスの底に顔があってもいいじゃないか、

というグラス付のウィスキーのテレビコマーシャル
を思い出したり…。

◆岡本太郎と太陽の塔

あるいは、晩年には今もつづく怪物番組
「笑っていいとも!」にレギュラー出演し、
人生相談のようなことをされていた記憶があります。

お昼のお笑い番組に世界的芸術家が出演し、
その一挙一動の異様さに、会場のギャラリーが
笑うこともありながら、その老いてなお燃え続ける
魂とそこから発せられる熱い言葉の数々に、多くの
視聴者が生きるエネルギーを与えられたのでは
ないでしょうか。

あの番組にレギュラーで出演されたのも、
岡本太郎氏にとっては一つの挑戦のようなもの
だったのでしょう。

さて、このドラマについては、実在の人物を
扱っていることもあり、また、岡本太朗という
他に類を見ない存在を扱うということもあって
あらすじだとか、感想などというものを
簡単には書けそうにもありません。

ただ、第1話を観て思ったのは、配役の見事さです。

岡本太郎役の松尾スズキさん。
母、岡本かの子役の寺島しのぶさん。

この二人を軸に岡本太郎という人格がどのように
形成されていったのか、そこに説得力が感じられる
かで全てが決まると思うのです。

岡本かの子という芸術のシャーマンを演じられる
のは、寺島しのぶさん以外には考えられません。
しいて他に探すなら、大竹しのぶさんくらいか…。
無料動画を探すならブログランキングへ

常盤孝子さん演じる岡本敏子さんに関しては
これからですね。


【25%OFF】[DVD] 岡本太郎 明日の神話 再生への軌跡

破天荒な生きざまとはよく言いますが、それは
岡本太郎氏に言わせれば、意図して歩むものでは
なく、自分に誠実に生きた結果、他人が破天荒と
呼ぶのだと言うでしょう。

だから

この土曜ドラマ「TAROの塔 」も奇をてらう
ことなく、大胆に、制作者のまっすぐなモノづくり
に対する魂をぶつけた作品に仕上げていただきたい
と思います。

◆岡本太郎爆発大全
◆【BOOK】岡本太郎の言葉

ドラマから岡本太郎を感じられれば、それはきっと
視聴者の私たちに勇気が生まれるということ。

混迷をつづける政治、低迷する経済、彷徨う行政
という負のイメージばかりがマスコミ紙上を
踊る今日だからこそ、岡本太郎の魂が強烈に私たちに
エネルギーを送ってくれるような気がします。

そう。
燦然と光り輝く太陽のように。
ブログセンターランキング ドラマ

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
もう一度くらい訪問してもいいよ、という方に
最後にコチラを応援クリックしていただけると
とても励みになります。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-02-28 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。