「冬のサクラ」最終回  - ドラマな人々@遊Blog

「冬のサクラ」最終回 

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「冬のサクラ」最終回 

を観ました。

ちょっとキレイにまとめすぎ…という印象が強いですね。
特に、航一の母の萌奈美(今井美樹)への態度の変化と
航一(高嶋政伸)の改心…
ブログ村ランキング



萌奈美が脳腫瘍であり、余命が短いことを知った
とたん、それまでの強烈な嫁イビリをパタリと止め、
慈愛に満ちた母に変貌してしまうくらいなら、
そもそもあれほどまでに萌奈美のことを攻撃する
ような人柄であったことが理解しづらいです。

知らなくて御免なさい…
で済まされるようなイビリではありませんでした
もの。

航一もそう。

あんなに不気味で、エゴイスティックで、
萌奈美に対しては、狂気にすら思えるほどの
利己的な愛の対象としあ見ていなかったはず
なのに、娘と母親の説得やらで完全敗北を
認めた途端、善良な人徳者に変わってしまう
なんて、ちょっと拍子抜けです。

みんなで丸く収めようなんて、ちょっと話が
うますぎですよね。

ただ、さすがに満開の桜の下で祐の腕に抱かれて
安らかな死を迎える萌奈美…というベタの
エピローグではありませんでした。

ベタですが、そういう美しいロケーション
での死もいいかなぁ…なんて思っていました。

さすがに、季節的に無理ですものね。

でも、病床で目をつむる萌奈美の寝顔を
桜の枝ごしに撮影したシーンは綺麗でした。
無料動画サイトを人気ブログランキングで探す

TBS系ドラマ「冬のサクラ」ですっかりメジャーになりました
桜の都・吉野からのお届です。【枝物...

山下達郎 ヤマシタタツロウ / 愛してるって言えなくたって
【CD Maxi】


なるほど、室内で満開の桜を演出したわけ
ですね。

そうそう。

航一の父親は山形出身で、肇(佐藤健)と同じ血液型
ということから、異母兄弟なのでは…

という感じでしたけど、そこのところは深入りせずに
異母兄弟を匂わせたまま終わりましたね。

ま、祐と萌奈美、肇と航一、彼らは運命の糸に
操られて出会ったということなんでしょう。
それ以上は視聴者の想像に任せるということ
なんでしょうね。

正直、期待したほどの感動の最終回ではありません
でしたけど、このドラマでの高嶋政伸さんの
怪演は、毎週楽しみでしたし、それは視聴前からの
期待に存分に応えてくれるものでした。

あそこまで改心せずに、苦悶する中で萌奈美の死を
受け入れるような展開でも良かったように思います。
ブログセンターランキング ドラマ

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-03-21 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。