「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」最終回 - ドラマな人々@遊Blog

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」最終回

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」最終回
 終幕…もう一人の真犯人


を観ました。

地震の影響でかなり間が空いてしまって、正直、
観ようか観まいか、もう、そんなことすら
どーでも良いような気がする中で、なんとなーく
観てしまいました。

で、感想ですが…





なんか、あっさり…。
なんだか、初回のDAIGOと柳楽優弥くんあたりで
終わっていましたね、このドラマは。

それにしても、不思議なドラマでした。

プロファイルを謳いながら、科学的な分析はほとんど
なく、一方的な台詞による分析結果の発表と巫女のよう
な特殊な勘で犯人像を決め付ける主人公の翔子(北川景子)
によるパフォーマンスドラマと化していました。

また、犯人が特定されると、あっという間に逮捕劇
に場面転換して、強引にドラマにピリオドをうつのも
このドラマの特徴。

最終回となった今回も、今泉(哀川翔)の逮捕劇は
???の連続でありました。

翔子の写真に赤バッテンをつけて、まるで殺意を
示しているかのようなのに、翔子を呼び出した
今泉には全く殺意のかけらは感じられず、翔子は
いつでも逃げられる状態。

でも、翔子は逃げずにカウントダウンを待つまま。

結城(木村多江)が駆けつけて、外に翔子を
連れ出した後、爆発まであと3分ほどになっても
処理班の到着まで20分かかるというから
後は黙って爆発の花火があがるのを見るだけかしら、
と思っていたら、なぜか、唐突に処理班が粛々と
時限解除するシーンになっていて、今泉の手には
手錠がかけられ警察に連行されていく…

こんな不思議な展開ってアリ?

もー、私には理解不能です。
ご都合主義にもほどがあるってものです。

なんか、今クールは中途半端なドラマが多かった
気がします。

期待以上に楽しめるのは、「相棒」を除けば、
「デカワンコ」くらいかも。

次につづくのが「美しい隣人」かな。
それくらいです。

とにかく、LADYには最後の最後まで唖然茫然と
させられました。
ここまで来ると逆に称賛に価する?

んなわけないか…。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



2011-03-26 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。