「大切なことはすべて君が教えてくれた」最終回 結婚 - ドラマな人々@遊Blog

「大切なことはすべて君が教えてくれた」最終回 結婚

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。


「大切なことはすべて君が教えてくれた」 
最終回 結婚

を観ました。

予告どおりのハッピーエンド。
すべてが丸く収まりました。
こーゆー終わり方を
日本語では

大団円を迎える

と言いいます。

めでたし、めでたし。
ブログ村ドラマランキングはコチラ⇒



まー、それにしても、ずいぶんと、回り道をした
お二人だこと。

この三か月ほどで10年分くらいの気苦労をしたので
はないかしら…。

夏実なんて、ふつう、円形脱毛症になってもおかしく
ないよね。

よく、未婚の人が既婚者に結婚に踏み切れないでいる
ことを相談すると

たいがい、次の単語がその答えに含まれます。

「結婚は勢いよ!」
「結婚はタイミングよ!」

とか…ね。

でも、このドラマを観るかぎり、それは

大きな間違いヨ!!!

と言っているよーな展開でございました。

自分の幸せばかりを追い求めていた夏実。
他人からの評価を気にして生きてきた修二。

この二人は、まだ、本当の「愛」を知らなかった。
だから、結婚する前に、一つの試練を神様が
与えた…ってことなのか、そんな試練が
「佐伯ひかり」だったってわけなんですよね。

で、「佐伯ひかり」という「愛」を知らずに
育ってしまった子が修二に近づき、夏実と
修二の間に割り込み、距離を離すことで、
二人に本当の「愛」を考えさせる時間を与えた
ということなのかしらね。

ただ、そういう結婚までのモラトリアム期間、
自分を見つめなおす期間が長すぎるし、ただただ
1クールを持たせるためのような螺旋を描くような
まだるっこしー物語の展開には、相当観るほうも
苦労させられました。

ま、私としては
「SPEC」で新境地を切り開いた戸田恵梨香さんが
どんな月9の主役っぷりを魅せてくれるかと、期待
したわけですが、それは見事に裏切られてしまった
わけで…

しかも、それは戸田恵梨香さんの責任ではなく、
ただただ、シナリオそのものが主役であるはずの
戸田恵梨香さんに光が当たりにくいものになって
しまったのが原因かと思うわけです。

完全に、武井咲ちゃんに持っていかれましたものね。
武井咲ちゃんブレークの影に隠れてしまいました。

武井咲ちゃんが、ひまわりなら、戸田恵梨香さんは
月見草…

って、長嶋茂雄と野村克也かいっ!?

【21%OFF】[CD] ポルノグラフィティ/EXIT
(初回生産限定盤/CD+DVD)


でもね、このドラマを観ている高校生とかは、
きっと思い切り感情移入して観られるんだろうなぁ。
教師との関係がリアルタイムなんだものね。

そーゆー関係をとうに卒業した人間にとっては
どーでもいいように思えるシーンがオンパレード
状態だったのですけど、現役の若者たちはきっと

うんうん、そうそう、わかるわかる…って
思いながら観ていたんだと思います。

そして、将来の結婚についても思いを馳せたりね。

北斗星のエピソードもね、
二人だけにしておけばいいのに、わざわざ
死期の近い妻をもつ男性が現れて、夫婦の「愛」を
語らせてしまうなんて展開も、その狙いが見え見え
なので、ウザイ脚本やなぁ…と思ってしまいます。

夏実に恋する男の子に対しても、ガキはひっこんで
なさい、って思ってしまうしね。

亜弥さんの子供のお話も、まったく感情移入できない
し…。

ひかりの両親が、妹のひかりの生存を知り、落胆の
表情を浮かべた…っていうそもそもの発端も
なんだか納得いかないしね。

東京で待ってりゃいいのに、何を思ったか、
会えるかも、って空港に来てしまう夏実にも
???マークだし。

そこで出会ってしまう神的な展開にも
!!!マークだし。

なにを今さら、そんなに劇的に?
って、笑ってしまいました。

とにかく、感情移入しづらい恋愛ドラマでした。
人気ブログランキングをチェック⇒

修二を演じた三浦春馬さんは、うまいよね。
彼、若いけど、実力あるわ。

最終回は、空港のエスカレーターに飛び乗り、
猛スピードで駆け降りる颯爽とした姿は
若いわぁ〜!と感嘆しきり。

で、結局最後は、テレビドラマならではの
すべてを台詞で説明しちゃうという分かりやすい
終幕でした。

その台詞をご紹介して、終わりにします。





なんていうと
甘ったるくて照れくさい

そう思ってたけど
ほんとはすごく
苦かった

どんなに確かめあったって
愛が甘ったるくなるなんてことは

ない


そんなものに
とらわれずに生きられたら
人はどんなに楽だろう


愛がある人生は
傷だらけだ

でも

だから

満たされる一瞬が
うれしい

君のために苦しむ

あなたのために泣く

幸せって
そういうことだ


それを
教えてくれたのは

あなた

です。
ブログセンターランキング ドラマ⇒


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



2011-03-29 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。