上川隆也「遺留捜査」 - ドラマな人々@遊Blog

上川隆也「遺留捜査」

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

2011年4月スタートとなる新ドラマから
上川隆也さん主演の

「遺留捜査」

についてちょっとだけ…。
ブログ村ドラマランキングはコチラ⇒

 上川隆也.jpg 


前クールは、「相棒」「LADY」、「CONTROL」、
「悪党」、「告発」、「ホンボシ」、
「外交官 黒田康作」などやたらとサスペンスものが
多かったと記憶しておりますが、この春はぐんと
落ち着いて、「ハンチョウ」「BOSS」など続編を
除けば、テレビ朝日の「遺留捜査」くらい。

それだけに期待してしまいます。

このドラマのミソは、被害者が残した遺留物である
「被害品」から被害者の人間像をあぶりだし、そこから
被害者が殺害された理由…必然性を導きだし、真犯人を
追及していくところらしい。

遺留物というと、犯人が現場に残した物と思いがち
ですが、このドラマでいう「遺留捜査」は、犯人側
のもでなく、被害者にかかわる遺留物、被害品を
糸口にしているところが興味深いところですね。

これまでならば、「きらきらひかる」では監察医が
死体を通して被害者の最期の言葉を聞く…

あるいは、「臨場」では死体および死体が置かれた
状況から「死者の人生を、根こそぎ拾ってやる」
ことで、真犯人に辿りついていく…

これらに比べても、被害者の残した遺留物から
犯人へとつながっていくというのは、とても新しい
切り口のサスペンスだと思います。

興味深いのは、主演の上川隆也さん。

NHKやWOWOWでは主役をはることもあるものの
地上波民放ドラマでの主演はほとんど皆無では
ないでしょうか?

★上川隆也主演:ルパンの消息
★上川隆也主演:震度0
★上川隆也:少年たち

実力、女性人気は申し分ないものの、連続ドラマ
で求められる派手さ、スター性にはやや物足りなさ
があるのかも。

二枚目、品の良さ、思慮深さのいっぽうで、強さ、
主役としての華に欠けのかなぁ…。

上司役の佐野史郎さんとの確執も面白そうだし、
捜査のパートナーとなる貫地谷しほりさんにも
注目です。

でも、視聴率はあまり期待できないとは思いますね。
12〜13%の視聴率でいければいいのでは…。

シナリオは、複数名で担当されるようですが、
おそらくメインのライターになるだろう
尾西兼一さんは、「太陽にほえろ」「刑事貴族
「はだかの刑事」「はみだし刑事情熱系」
「刑事部屋」「刑事の現場」「臨場」
などを担当されており、そのラインアップの充実度
も目をみはるものがあります。

刑事貴族」は、水谷豊主演で「相棒」の
ルーツとなった作品とも言われています。

期待したいところですね。
人気ブログランキングをチェック⇒

★MISIA/記憶(初回生産限定盤)「遺留捜査」主題歌

それでは。
最期までお読みいただき
ありがとうおgざいました。

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-04-10 22:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント

上川隆也さん

素敵な方ですね


いつもありがとうございます!

応援ポチポチ!
Posted by ponsun at 2011年04月12日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。