杏、尾野真千子「名前をなくした女神」第2話 - ドラマな人々@遊Blog

杏、尾野真千子「名前をなくした女神」第2話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「名前をなくした女神」第2話
 身も凍る再開


を観ました。

先週、初回を観た際には、
なんて陰陰滅滅としたドラマなんだろう…

と、視聴に悲観的な感想を書いたのですけど。
「名前をなくした女神」第1話感想はコチラ⇒

第2話を観てみたら、これが、不思議と初回より
かなり面白く観れまして、自分でもビックリ。
ブログ村ドラマランキングはコチラ⇒



初回は、ママ友たちの間に横たわる得体のしれない
呪縛の温床を垣間見せられたようで、全体的に
重く、澱んだ空気が立ち込めた感じで、かなり
視聴するのに忍耐力を要したように思いました。

ところが、2話目になると、期待どおりに尾野真千子
さん演じるちひろの侑子(杏)への憧れ、郷愁、嫉妬、
逆恨みなど、かなり具体的なエピソードとともに
描かれるようになり、尾野真千子さんの演技と存在力
のかいもあって、非常に興味深く拝見したしだいです。

侑子(杏)の参考になるようにとちひろ(尾野真千子)
が密かに作ったママ友ファイル。

それを黙って侑子の家の前に…

読んで欲しい。
そして、感謝して欲しい。

転校を繰り返し、苛められていた私をかばって
くれた私のはじめての友達、郁子さん。

そう。
侑子ちゃん、私よ。ちひろよ。
ほら、苛められていた私を助けてくれたじゃない?

だから、私、あなたのために、ママ友たちの情報を
ファイルにまとめてあげたの。
侑子ちゃんのために作ったのよ。
ううん、気にしないで。
あなたにこれくらいして当たり前。
だって、あなたは私のことをかばってくれたんだもの。

今度は私があなたを助ける番。
感謝なんてしなくていいのよ。

ただ、読んで欲しいの。
あなたのために作ったママ友ファイルよ。
読んで、参考にしてくれればそれでいいの。
きっと役立つわ。
そんなとき、ちょっとでも私のことを思い出して
くれれば私はそれで十分。

ああ、やっと私も侑子ちゃんの役にたつことが
できた。中学の時の恩返しができたんだわ。

そう思いたいの…。

だから読んで欲しかった。
でも、侑子ちゃんはせっかく私が作ったファイルを
読んでくれない。
侑子ちゃんのために作ったのに、どうして読んで
くれないの?
私の気持ちも知らないで…。

酷い。
侑子ちゃん、酷いわ。

なーんて、私の得意な妄想台詞ですが、
尾野真千子さんの演技を観ていたら、勝手に尾野さん
が私の頭の中で台詞をしゃべりだすものですから。

ちひろが侑子の家に招かれて、ママ友の中ではじめて
の訪問者であることを確認し、無邪気に喜び、そして
自分が中学1年のときの同級生のちひろであることを
告白し、まるでタイムスリップしたかのように言葉遣い
まで中学のころの子供っぽいしゃべり方になり、照れた
ように無邪気に笑う様子を何度も何度も繰り返すシーン
は、あの「美しい隣人」よりもよほど悲しみをたたえた
狂気を感じてしまい、またしても、尾野真千子という
女優の凄さを改めて再認識することになりました。

さすがです。
尾野真千子さん!
人気ブログランキングをチェック⇒

★★尾野真千子の出演作品を楽天で検索⇒⇒

ママ友女優たち…
杏さん、木村佳乃さん、りょうさん、倉科カナさん、
安達祐美さん等、いかにも一般人とは一線を画する
芸能人、テレビ映画で活躍する女優さんたち、と
いったオーラを醸し出しているのに対して、尾野真千子
さんはいたって普通。

尾野真千子さんの美。
それは普通の美しさ。
ご近所半径3q圏内の美しさといいましょうか、
美しく活けこまれた花々ではなく、野に咲く花という
印象の女優さんです。

だから、他のの女優さんたちと並んで映っているのを
観て、どこか違和感というか、溶け込めなさを感じます。
それが今回の役どころにピッタリと来ていて、かえって
いい効果になっているんですよね。

配役の妙です。

★★【送料無料】フジテレビ系ドラマ「名前をなくした女神」
オリジナル・サウンドトラック 【CD】★★

★★オープニング曲 Alice/moving on(CD)★★

ちひろ(尾野真千子)の亭主(高橋一生)の痴漢現場を
目撃したり、暴力的にSEXを強要することに苦しみながら
も抵抗できないちひろ…

自分たち親の学歴のなさにコンプレックスを持ち、
高校中退の亭主を東京大学卒と偽ってしまう真央(倉科カナ)…

自分の誕生日プレゼントに靴を購入してくれたと思いきや
愛人にプレゼントしていた元モデルの暇人亭主に苦悩する
利華子(りょう)…

夫とのセックスレスに悩み、ネットで相談したところ
理想のセレブ、レイナ(木村佳乃)に相談するのが
ベストだとアドヴァイスされて、唖然とするレイナ…

各人の悩み、苦悩とそれを押し隠すかのように
子供の教育を巡るママ友地獄を形成していく
2つのベクトルの交錯のしかたが2話目に来てとても
面白くなってきました。

この調子なら、次回以降も楽しめそうです。

★★★初回盤■アンジェラ・アキ CD+DVD
【始まりのバラード】11/6/8発売★★★



それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



2011-04-20 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。