「江〜姫たちの戦国〜」第16話 関白秀吉 - ドラマな人々@遊Blog

「江〜姫たちの戦国〜」第16話 関白秀吉

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

「江〜姫たちの戦国〜」
 第16話 関白秀吉


をミました。

織田信長〜豊臣秀吉〜徳川家康・・・そして、
三代将軍徳川家光に至るまで、
戦国の世から泰平の世に至るまでの流れを
勇ましき戦国武将たちの陰で演出していたのは、
実は、女性たちであり、その犠牲的な功労あって
こその天下泰平という展開に進んでいくのでしょうか?
ネ。
⇒⇒ブログ村に行く人⇒



茶々は秀吉のアイドル的存在で、気に入られるため
ならどんな地位、名誉も手中に収めようとする。

江は秀吉の指南役?知恵袋?
というくらい、様々な場面でアイデアを提供したり
意見する。

初は?・・・
よくわかりませんが。

いずれにせよ、
とりあえず、今のところ、秀吉の生き方に影響を
与えているのは、本人の意図にかかわらず、茶々や江。

江姫に関する史実がほとんどなく、その人物像も
不確かであることを田渕久美子さんが、これ幸いと
イメージを膨らませてフィクション化している、
ほぼ田淵さんの女性としての願望をドラマ化して
いるような世界に思えてしまいます。

それはそれで良しとしますが、
ならば三姉妹の存在感をもっと凛としたものに
し、秀吉の演出をもう少し抑えたほうが良いのでは?
と思いますわ。

とにかく、秀吉がうるさい。
空々しい。
魅力を感じません。

江と初もうるさく、生意気にしか感じず…。
茶々は一人大人びていて。
三姉妹にも魅力を感じない。

秀吉が関白になったのは、48歳くらいだから
茶々は今で言うなら女子高生か女子大生の年齢か…

江は中学生?

人間50年と言って世を去る時代…
その50年を迎える武将の生き方にアドヴァイスを
するのが女子中学生…

それも女子高生を囲いたいばかりに。

まるでキャバクラにはまったオッサンが、親戚の
娘にモテる秘訣を教えてもらうの図…

を見せられているかのよう…

は、言い過ぎか。
⇒⇒ランキングチェック!!⇒

でも、当分はこんな調子で進むんでしょうねぇ。
なんか、苦痛かも。

ところで、脚本協力で名を連ねている田渕高志という
人物は田渕久美子とはどういう関係なのでしょう?

歴史について教師役を務めていた旦那さんは篤姫の
ときに病死されているし…

でも、篤姫の脚本協力にも名前が出ているんですよねぇ。

誰かしら?
死んだ旦那が協力しているはずもなく…

ま、いいけど。

◆田淵久美子作品 天海祐希/離婚弁護士
◆田淵久美子作品 岡田准一/冬の運動会
◆田淵久美子作品 今井美樹/ブランド

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
               

このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-05-02 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。