吉瀬美智子、 斎藤工、鍋本凪々美 「ハガネの女」第7話 - ドラマな人々@遊Blog

吉瀬美智子、 斎藤工、鍋本凪々美 「ハガネの女」第7話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

吉瀬美智子主演「ハガネの女」第7話
家庭の事情…負けないで!!


を観ました。
⇒⇒ブログ村はコチラ⇒



親の都合で子供が振り回される…。

親の離婚かぁ…。

私は親の離婚なんて経験していないので
わかりませんが、

やはり、死別と違って、離婚っていうのは
子供にとっては理解しがたく、もしかすると
死別以上に子供の心を揺さぶるものがあるのかも
しれません。

ドラマのこととはいえ
夏希ちゃん、はるかちゃんを観ていて
そんなふうに思いましたネ。

ドラマの上では、はるかちゃんの両親の離婚話と
はるかちゃんの立てこもり事件、そしてエピローグ
につながる太鼓の発表会と、はるかちゃんが主役
のお話しではありましたけど

私にとっては、やはり、夏希ちゃんの家庭事情の
ほうに感情移入してしまうんですよ。

もう、夏希ちゃんのお母さんを想う気持ちとね、
そういう気持ちを利用してまで金を出させる
母親の情けなさの対比が、あまりに強烈でね、
たまりません。

親が子に貯金通帳渡すんでなくて、子が親に
自分の貯金通帳を渡すなんて…

悲しすぎて…
悲しすぎて…

でも、そうすることで母親との絆をつなげようと
一生懸命の夏希ちゃんを観てたらさ、なんか
胸が熱くなってきてしまいましたわ。

しかも、夏希ちゃんがアパート前で母親の帰りを
待っていたとろに、母親は男を連れてきて、
娘を邪険に扱って、

こんな はした金!

と言って夏希ちゃんの大切な通帳を投げ捨てた。

ゆ、ゆ、許せない!
このババア!!


ビンタくらいじゃ気が済まないよ、まったくっ…。
⇒⇒人気ブログをチェック⇒



とにかく、私は夏希ちゃんが画面に映ると
その微妙に変化する表情、しぐさ、声の出し方など
彼女の俳優としての技量に魅入ってしまうんです。

今回のはるかちゃんとの確執の場面での演技…
はるかちゃんの両親が離婚するとわかった時の
夏希の表情の変化…
はるかちゃんが放送室に立てこもった後、教室に
はるかちゃんが戻ってきて一瞬夏希ちゃんが
目をあわせるシーン…
そして、はるかちゃんが太鼓の発表会で
途中でバチを飛ばして演奏が中断したとき

演奏をつづけろぉっ!!!!!

と腹の底から声だ張り上げたシーン。

どれもこれも、とても心に届く演技です。

自分自身は母親に裏切られ、
自分は捨てられたとハガネに弱音を吐いたとき
捨てられたのではなく、夏希が母親を捨てたんだ
と言い聞かせられる。

強く生きなきゃ、

って
思い直したとき、目の前に友喜(浦上晟周)が…。

友喜の胸に飛びこんで思い切り泣き崩れるシーンも、
彼女の勝気な性格を普段からブレずに見事に演じている
からこそ、唯一心を許せる友喜にだけ見せることのできる
涙が感動へとつながっていくんですよネェ…。

ホント、鍋本凪々美さんは素晴らしい。

あと

ハガネも気にしてましたけど
友喜が水嶋先生(斉藤工)に心を開いていることと
そのことが水嶋先生にいい方向に働いていて
水嶋先生がどんどん教師らしく、成長していって
いるのも面白いですね。

友喜はきっと、水嶋先生の心の傷がわかるんでしょうネ。
伝わってくるんでしょう、水嶋先生のトラウマのような
ものが。

だから、友達になろうとする。

そう。
水嶋先生は、先生だけど先生じゃない。
水嶋先生は、先生だけど生徒。
だから、ボクが友達になる。

そんな感じかしら…。



朝の登校シーン。
爽やかとは言わないけれど
子供たちの笑顔に向けられた水嶋先生の微笑みは
とても素敵で、その変化に気づき、からかう
ハガネとのコンビもなかなかいい雰囲気です。

前作では、ハガネがもっと活躍していたみたいで
2ndシーズンのハガネにフラストレーションを
感じている人もいるみたいですけど、1stを観て
いない私は、ぜんぜん問題なく、面白く視聴して
います。

今後も
平成のじゃりん子チエの夏希ちゃん…
鍋本凪々美ちゃんの演技に注目しつつ
観ていきたいと思っています。

★★⇒⇒ケツメイシ こだま 高画質PV 限定公開★★



それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-06-04 16:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
 初めまして。 ハガネの女 私もシーズン2からの参加組みです。 この間前クールのドラマを見ましたが、皆さんがいうようにそんなに凄くない気がしました。パート1は芳賀先生は問題提起をし、体当たりで解決するので、芳賀先生好きには パート2は物足りないのかもしれませんが・・。
 私は、今のクールの方が幅が広がりより面白い。
特に 水嶋先生と友喜君の交流。最高です。
 ほんと 友喜君は心を開いてるって知った後から 急に教師らしく 優しい表情や態度で接してますよね。
 彼の心の傷を感じることが出来る友喜君。 その彼がクラスの和をもたらしているんだと思う。




Posted by 優子 at 2011年06月11日 02:09
優子さん はじめまして。
season1をご覧になったんですね。私はまだなので、比較することはできません。

芳賀…ハガネ…鋼。

だから、鋼のように強く、自分から飛び込み、自分で解決するという男勝りのスーパー教師でないとハガネではない、というハガネのファンが多いみたいですね。でも、優子さんの感想にもあるように、ドラマとしてとても良い出来だと思います。面白いですもの。

優子さんは「鈴木先生」を観ているか存じませんが、ハガネのクラスにとって、友喜くんはスペシャルファクターなのかもしれません。
よろしければ、またご訪問ください。

コメントありがとうございました。
Posted by at 2011年06月11日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。