杏、尾野真千子、倉科カナ「名前をなくした女神」第9話 - ドラマな人々@遊Blog

杏、尾野真千子、倉科カナ「名前をなくした女神」第9話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

杏主演「名前をなくした女神」
第9話 本当の敵が今、隣に


を観ました。

ヘェ〜、一番のママ友
いえいえ、それ以上の親友に近い関係かと
思っていた利華子(りょう)が本当の敵に
なるとはね…。

やっぱり、一番の恐怖をあおるには、
サブタイトルにあるように、

「隣」の一文字が必要なんですネ。
 美しい隣人のように…。
⇒⇒人気ドラマの視聴率は⇒



利華子の話は後にまわすとして
まずは本宮レイナ。

真央(倉科カナ)の悪意による一斉メールで
結城先生(萩原聖人)との関係を暴露された
レイナ。

夫に写真を見られ窮地に陥ったものの
その場では結城先生の「偶然」という言い訳で
ごまかすことに…。

だけど、彼女は本当に結城先生に思いを寄せはじめて
いたんですね。

彩香ちゃんのお受験に一生懸命で、必死に頑張る
彩香ちゃんママとしてのレイナを騒動に巻き込む
のを防ぎ、一人で責任を負うことで収拾した結城。

ただ一人、頑張る自分を認めてくれた男性。
幼稚園を去る結城に思いを馳せ、
ありがとうの一言をつぶやくレイナ。
結城先生の婚約話の真偽はともかく、結城先生が
度量のある男性で良かったですね。

そして

ママ友同士のいさかいの火種の元
進藤真央(倉科カナ)。

憧れだったはずのレイナの存在が、自分を卑しめる
存在に変貌するとき、ママ友の間では、憧れは
妬みに変わり、心の変化は即座に攻撃に出る。

私を馬鹿にしやがって…。

本宮レイナが苦しんで当然だという真央が
笑いを堪えるように侑子(杏)に語る目元、
口元。

深い憎悪に満ちた濁声、
貶めた快感に震えるような嬌声。

その繰り返しが真央という女性の「悪」の部分を
とてもよく表現していて背筋がゾッとすしました。

それを演じる倉科カナさん…

童顔の悪女の迫力は相当です。
感服いたしました。
⇒⇒レビューブログをチェック⇒

だけど、そんな真央にも焦りが見えてきましたね。
侑子に言われた一言がけっこう効いているみたい。

人が不幸になることよりも
自分が幸せになる方法を考えなさい。


でも、きっと真央はそう言われて思うはず。

オマエは何もわかっていないんだ。
私だって最初は自分が幸せになるために本宮レイナ
に近づき、高級マンションに暮らし、娘のお受験を
考えていたんだ。
だけど、私がどんなに努力しても世間が私の幸せを
邪魔するのよ。
私は幸せになりたくても、どんなに努力しても
幸せになれない…そういう運命。

本宮レイナとは育ちも何もかも違う。
なんの苦労知らずの彼女とは。
だから、苦しむ必要があるの、彼女には。
それが悪い?何の罪になるのよ?
私の苦しみに比べれば、どうってことないわ。

だから、侑子さん、あなたももっと苦しまなきゃ。
あなたに一番大きな苦しみを与えてあげるわ。
それはね…

あなたが一番信頼している人から裏切られることよ。
その毒薬を、私にとっての媚薬を今からあなたに
一滴注いであげる。

利華子さん…
すごく嫉妬深いんですって。

真央の心の中で、そんな葛藤があったかどうか…
でも、自分が幸せになる方法を考えよ、と言われた
ことへの腹いせであると同時に自分が不幸であること
を認めている自分から逃れたい気持ちから利華子情報を
繰り出したんだと思います。

最後の一撃、カウンターパンチのつもりでね。

それが、利華子の夫婦関係の崩壊が発端となって
侑子とのパートナーシップ、侑子の夫婦関係への
嫉妬に変貌していくとはね…
真央の女性心理分析力にもある意味感服しますわ。

それに比べて、真央の旦那は素晴らしい。
羅羅ちゃんに語ったトラック野郎のお父さんの言葉。

誰にも見られないように他人にいじわるしても
必ず誰かが見ているんだ。
それは自分だぞ。
だから、自分が嫌いなことをしちゃダメなんだぞ。
自分が好きだってことを頑張るのが大事なんだぞ。
パパもそうやって頑張っているんだ。

今回、一番いいシーンでした。
羅羅ちゃんパパの株、急上昇です。

さて、ちひろです。

安野家は一番溝が深いと思っていましたが、
ちひろが犯した誘拐行為をきっかけにセクハラ疑惑の
夫が息子の面倒を見るようになり、家族のありかたを
深く考えるようになっていくんですね。

息子が一番苦しんでいること。
息子が一番自分たち親のことを見ていること。
そして、一番理解していること。
それに初めて気づく。

この気づきが全てを改善させていきそうな
流れになっています。
次回、夫の勤める会社に、夫がセクハラをしている
と自宅に言いに来た社員の名刺に電話をかけた結果が
わかるんでしょうけど…

予告では土下座してましたよね。

もしかすると、セクハラをしていたのは、あるいは
セクハラのウワサをたてていた火元は、あの同僚社員
だったのではないでしょうか?
それを真に受けたちひろが夫に土下座して謝罪…
そんな展開なのかもしれませんネ。

そして、
一番の友であり、本当の敵になるかもしれない
利華子。

デキル自分だから不出来な夫をつなぎとめることが
出来ていると思っていたのに、その夫は自分を捨てて
他の女の元に行こうとしている…
そんなのはどうでもいい。
有能な自分を無視して事業をはじめようとしていた。
それだけじゃない。
家族を捨てようとしている。
どうして私から彼が離れることができるのよ。
彼は一人じゃ何もできないはず。
何故?何故よ?

デキル私から離れようとする人は許せない。
なのに…

侑子さん、あなたまで。
何故あなたまで私をさしおいて別のパートナーと
仕事をしようとするの?
この前、私の会社の社員に誘ってあげたのに…。
なんで私から離れようとするのよ?

夫も侑子さんも。

もう、私は家族写真も撮ることができないかも
しれないのに…。

侑子さんだけ幸せになるなんて嫌だ。
なんで侑子さんの元には幸せが巡ってくるの?
なんで…なんでよ?

ま、想像するに
そんな敵意のような嫉妬心でしょうか、利香子に
心に隆起しはじめた悪性のシコリは。

登場人物が多いので、整理するのは大変ですが、
本当によく出来た脚本だと思います。
それぞれの家族の描き方に無駄がないように
思いますし、キャラも立っている。

面白いです。
このドラマ。

脚本の渡辺千穂さんには要注目ですネ。





それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-06-10 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。