天海祐希、徳永友一脚本「BOSS2nd」CASE8 - ドラマな人々@遊Blog

天海祐希、徳永友一脚本「BOSS2nd」CASE8

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

天海祐希主演「BOSS2nd」CASE8
美しすぎる死体…

を観ました。

楽しめました。
面白かったです。
特に、小ネタ連発の前半のテンポ、リズムは
快感を覚えるほど。
⇒⇒人気ブログランキング⇒





犯人は竹中直人さんじゃなく
谷原章介さんであることは、冒頭の殺人シーンの
後、犯人が立ち去る足取りではっきりとしていた
ので、そのあたり、視聴者の目をいったん竹中さん
に向かせようとした狙いがあったとしたら、それは
ちょっと当てが外れたかもしれませんけど。

でも
きっと意識的でしょうね。

冒頭の犯人はびっこを引いていないというカットを
入れたのも。
⇒⇒ブログ村ランキング⇒

猟奇殺人というと、つい、LADYを思い出して
しまうのですが、やっぱり、BOSSくらいの
エンターテイメントでサクッとあっさりテイストで
まとめていただけると楽しめますし、こちらも
あまり猟奇性の部分で深い突っ込みを入れる必要性
を感じずにすみます。

要はエンターテイメントです。
楽しめなくちゃネ。

その点、今回脚本を担当された徳永友一さんは
うまかったと思います。

この方、前々回の銀行強盗事件の回で初めて登場
してきた脚本家。

BOSSで2回目の登場となります。

で、思ったのは

徳永友一さんは、「犯人を潜ませる」のがお好きなの
かも…。

銀行強盗のときは、人質に真犯人が潜んでいて、
今回は捜査側に潜んでいた。

一旦真犯人らしき人物を設定し、潜ませた真犯人を
あぶりだす…

その過程をエンターテイメントとしてビビッドに
展開させるのがお上手な印象です。

それはともかく

田所(長谷川京子)の亭主からのDVってネタは、
振り返って本来必要な要素だったのでしょうか?

銀行強盗の回で亭主から金をおろせとメールで
せっつかれていましたけど、その後、めでたく
離婚成立ってことらしく、なんとも驚異的な
あっさり度。



このDV話題は掘り下げて欲しくなかったので
私としては歓迎なのですが、だったら、最初から
夫の暴力に苦しんでいる様子なんていらなかった
んじゃないかしら?
最初からずーっと今回の「おむすびキャラ」の
滑稽さで売ったほうが長谷川さんの印象もずっと
良かったのに…

と思ってしまいました。

さて、
次回は木元(戸田恵梨香)復活ですね。

image-24.jpeg

楽しみにしましょう。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-06-12 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。