観月ありさ「華和家の四姉妹」第1話 - ドラマな人々@遊Blog

観月ありさ「華和家の四姉妹」第1話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

観月ありさ主演、「華和家の四姉妹」
第1話 女の幸せはイス取りゲームだ!!


を観ました。

ドラマが始まってしばらくは、ちょっとドタバタした
印象が強く、華和家の人々の賑やかさにちょっと
疲れそうかも…と思ったり。
⇒⇒人気の視聴率ブログ⇒

arisa.jpg




観ているうちに、「斉藤さん」をイメージしたりして…。
もしかして「斉藤さん」の別バージョンかしら?


そんな気もしたりしつつの視聴となりました。


他人の迷惑を顧みず、好き勝手に自分の我を通していく…
一言でいえば、

傍若無人。

バツ2で三人の子持ちの主人公、 華和竹美(観月ありさ)は
そういう女性に見える…

しかしその実体は!

というのがこのドラマの肝のような気がいたしました。

とにかく、家族からみるととんでもない振る舞いも
他人から共感を得ることになったり、他人に影響を与えたり、
まあ、いろいろと他人を自分のペースに巻き込んでいく
のが得意な女性なわけです。

いますよネ、けっこう、こういう人って。
⇒⇒ドラマ動画サイトはコチラから⇒

どこか、鼻持ちならないけど、
うらやましい性格の人。


私だって、出来るものなら好き勝手に自分の思うように
振る舞いたいし、意見を言ってやりたいわ。
だけど、そんなことしたら、いったいどんな仕打ちが
待ってることかしら…

って考えるのが普通の成長した大人なのに、そんな
大人のルールは一切無視で自分が信じる持論をぶちかます。

そして、その結果、非難されども称賛も浴びる不思議な
オーラを放つ。

その不思議なオーラこそが、このドラマのテーマなんだ
ろうと勝手に思っています。



華和竹美は、自分にブレがなく、自分にも他人にも
等しく正直であり、それは全て幸せになりたいという
強い思いのため。

そして

結果として、華和竹美の言動は、他人に対して
とても優しく、思いやりに満ちているということに
ハタと気づかされるんです。

だから

本当の優しさって何?
本当の思いやりって何?

本当の幸せって?

このドラマを観ているうちに
そんな問いかけが聞こえてきたように思います。

まあ、もっとも原作が柴門ふみさんですものネ。
それなりに面白い世界を観させてくれるだろうと
内心期待しております。

とりあえずは、そんなところかしら…ネ。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-07-11 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。