江角マキコ、石原さとみ「ブルドクター」第2話 - ドラマな人々@遊Blog

江角マキコ、石原さとみ「ブルドクター」第2話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

江角マキコ主演、「ブルドクター」
第2話 疑惑の准教授


を観ました。

なんか物足りないですネ。
医学的にも、サスペンス的にも
どこか薄っぺらな印象。
⇒⇒本日の村ランキング⇒

esumimakiko1.jpg ishiharasatomi1.jpg


前クールの「リバウンド」につづき、
オリジナル作品だそうなんですよね。



脚本家を見たら、

橋部敦子さん

というお方。



更に調べたら、

橋部敦子さんの代表作は

僕の生きる道』、
僕と彼女と彼女の生きる道』、
僕の歩く道


いわゆる

『僕シリーズ3部作』。

どれもけっこうはまったドラマ。
面白かったです。

それ以前にも和久井映見さん主演の「ピュア」や
「救命病棟24時」、「不毛地帯」、「フリーター家を買う。」
など、けっこう充実したラインナップがつづきます。

なのに

何故か「ブルドクター」は薄い、軽い、単純。

全開ガール」の感想とも共通するんですけど
どうも名前負け!タイトル負け!しているんですよ。

主役のキャラが。

ブルドクターはブルドーザーにかけたネイミングなのは
わかりきった話ですけど、江角マキコさん演じるドクター
自身、それほど強引さを感じないし、ルールを曲げてでも
司法解剖に強引にもっていくという力技も感じない。

どちらかといえば、江角マキコさんは正論を言っていて
警察側がコストと時間がもったいないと、ただただ
消極的に見えるだけ。

ブルドクターというなら、
もっと傍若無人な強引さが欲しいところ。
⇒⇒人気無料動画サイトをチェック⇒

ブルドーザーらしさといえば、江角さんが廊下走って
ブラザートムさんを突き飛ばすという、わかりやすい
表現のみ。

それに家庭に帰ってからの母親の悩みみたいなのは
何なのかしら…

忙しさにかまけて、子供とのコミュニケーションが
不足しているのをなんとか補おうと努力する
いいママぶり。

子供が母親への理解を示すと涙したりしてさ。

おいおい、ブルドクターというより、ママドクター
じゃないの…これじゃ。

もったいないのは、旦那役の市川亀治郎さん。
今回なんて、帰宅して笑顔みせて、江角マキコさんと
ハグして終わり!

ちょいとこれじゃあ、何をどう演じればいいの?
って感じで、ハグして照れ笑いをみせる亀治郎さん
の表情に、どこか素で戸惑っているように見えるのは
私だけでしょうか…。

ま、きっと今後の展開で重要な出番があるんでしょうけどネ。

あとね

石原さとみさんが刑事なのは、似合わないけど許す。
でも、稲垣吾郎さんとの恋人役っていうのは、なんか
ピンとこないなぁ。

ishiharasatomi2.jpg

兄妹にしか見えん。
雰囲気もね。
まだ、上戸彩ちゃんのほうが似合ってたかも。

吾郎さんもさ、いい人の面を見せるのが早すぎです。
もっとヒールを継続してほしいですわ。
容疑者にはなったけど、それほど怪しくもなかったし、
吾郎さんにはもっとイヤ〜な奴に徹してほしいのよネ。

きっと今後も、病死か自殺と思われる死体を江角さんが
司法解剖して、殺人の事実をつきとめて犯人追及まで
完全協力していくお話しが繰り返されるんでしょうけど、
司法解剖によって解き明かされる殺人の証拠もなんか
簡単に紹介されすぎるし、容疑者を追及していく展開も
あまりにわかりやすすぎるサスペンスに興奮度ゼロ。

困るのよねぇ…こういうの。

かの名作、「きらきらひかる」の解剖シーンのほうが
ずっとグッと来たし、死体が投げ返る言葉には、もっと
深いメッセージがあったし、容疑者追及にも興奮した
ものよ。

そういうのがぜんぜんない。
ちょっと、残念。

ま、もう一回観て判断しようかな…。

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-07-14 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。