観月ありさ、吉瀬美智子「華和家の四姉妹」第3話 - ドラマな人々@遊Blog

観月ありさ、吉瀬美智子「華和家の四姉妹」第3話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

観月ありさ主演?…
「華和家の四姉妹」第3話
最愛の母、突然の死…


を観ました。

いい大人の女性たちがパパ、ママと連呼するのを
聴いていると、どうにも虫唾が走ってしかたありま
せん。

お父さん、お母さんと言い換えてもらえないで
しょうかねぇ…
⇒⇒今日は一体何位なの?⇒





またも他愛のない浮気話で時間を費やすのやらと
思っておりまして、後半からは遠藤憲一さんの
呻き声ばかりが気になり、浮気相手に刺された
傷口から流血しながら呻き、走り、呻き、走り…

サブタイトルのコピーも気になりながら、
もしやもしやと宮崎美子さんがいつ倒れるかと
思いながら観ておりましたら

案の定、突然、タクシーの中で苦しみ始めた
宮崎美子さん…

これで一巻の終わりなのね、とサブタイトル通りの
展開に、まったりと観ていた前半とは裏腹に、観ている
私の心拍数も急激に上昇カーブを描き始めたよう。

意識不明のママ…
流血疾走のパパ…



危うく車にひかれそうになるパパ。



カッと目を見開くママ。

間一髪のところで助かるパパ。

最期の命の限りを振り絞り、
愛するパパをママが救った…

の図。
⇒⇒人気のバロメーター⇒

病院に到着するパパの目の前には
既に亡骸となったままが…

そして

離婚届けを提出してきたパパからの
再プロポーズ。



そこに現れたのは、ママのパパ。
つまりはおじい様。

オマエが殺したんだ、とばかりに
右ストレート一発。

ふむふむ。
最後の10分だけ前のめりになったものの
前半は四姉妹のなんとなくのドラマに頬杖つきながらの
視聴とあいなってしまいました。

先ほども言ったように
やはり、パパとかママとかの連呼はどうも
観月ありささんや吉瀬美智子さんには似合わない…
気がするのですがネ。


あきらめてますけどネ。

初回こそ、観月ありささん演じる竹美の
全開ガールばりの個性に脚光あびる演出となって
いましたが、以降はほぼ四姉妹のダラダラした
まったりドラマばかりで、なんのことはない…

一番相手のことを観察し、相手のことを思いやる
大人の対応力をみせているのはほかならぬ
観月ありささんの竹美であって、ほかの娘たちは
相手を想いながらも実は自分中心の考え方で相手を
評価しているという、竹美の大人力にはかなわぬ
存在とあいなっておりました…ネ。

そして

母を失うという突然の悲劇という意外な展開から
今後の華和家はどうなっていくのでしょうか?

観月ありささん主演というところに期待していた
ものの、四姉妹が登場することで、物語が分散される
傾向になりそうなので、そのあたりマッタリしすぎ
ないよう刺激的なドラマを期待したいところです。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-07-24 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。