観月ありさ、吉瀬美智子、貫地谷しほり、川島海荷 「華和家の四姉妹」第5話 - ドラマな人々@遊Blog

観月ありさ、吉瀬美智子、貫地谷しほり、川島海荷 「華和家の四姉妹」第5話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

観月ありさ、吉瀬美智子、貫地谷しほり、川島海荷
「華和家の四姉妹」第5話 裏切りの一夜


を観ました。
⇒⇒本日の順位発表⇒



まあ
四姉妹それぞれに、いろんな恋バナがあるもので…

藤子(吉瀬美智子)は、かつての上司で
不倫相手だった秋元 太一(石黒賢)と再会。

kichise.jpg

藤子は不倫再燃ウエルカム態勢…
花火大会の夜、今にも襲い掛からんとする
肉食系女子の勢いでございます。

桜子(貫地谷しほり)は、あいもかわらず
やきもきした毎日。
しかも、やきもきの相手が他人の女でなく
あの竹美(観月ありさ)なものだから始末が悪い。

花火見物も結局すっぽかされて、彼氏と思しき
益子 正三郎 (加藤成亮)は一晩、竹美と海を見に
行ったことを写真で知り、涙する桜子。

それにしても、
正三郎もガックシだよね。

だって、
竹美の誘いで老人ホームで写真を撮る喜びを
再認識してさ、やる気を出したところだというのに
コンテストで賞を取りたいばかりにスポンサーの
女社長のいいなりになろうとは…ネ。

レベル低いっす。
⇒⇒本日の人気発表⇒


そんな正三郎を助けたのが竹美なわけだし
原点に戻らせるきっかけを与えてくれた女性な
わけだから、竹美に心惹かれていくのも
正三郎にすれば無理ないか…。

うめ(川島海荷)は…
ガンバレ。

umika1.jpg

竹美の元亭主は
成功して器の大きな男になったつもりだったけど
やっぱり竹美に対する「スキ」という気持ちが
抑えきれず、ほかの男と一緒にいることを知っただけで
嫉妬の嵐にもだえ苦しむ始末でございます。

まだまだ竹美の男になるためには
甘いということか…

じゃあ
肝心の竹美はどうなの?
ってこと。

意外に回りのことはよーく見えているし
大人としての対応を見せる竹美だけれども
素に戻った一人の女性として
竹美はどんな女性なの?

そんなところが今後のポイントかもネ。

竹美だって
泣くことがある。

違う一面を観させてもらいましょう。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうごさいました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る

2011-08-09 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。