新垣結衣、錦戸亮「全開ガール」第5話 - ドラマな人々@遊Blog

新垣結衣、錦戸亮「全開ガール」第5話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

新垣結衣、錦戸亮 出演「全開ガール」第5話
これが私の素直な気持ち?そうか私が好きな人は


を観ました。
⇒⇒ブログ村を覗いてみる⇒



面白い…
っつーか
楽しい…

といったほうがいいかしら?

いや
むしろ

微笑ましい

というのがいいのかも。
⇒⇒気になる視聴率は人気ブログランキングでチェック⇒

そんなラブコメです。
けっこう気に入っているドラマですネ。

主人公の二人
若葉(新垣結衣)と草太(錦戸亮)の二人は
告白しそうで告白しない…

くっつきそうでなかなかくっつかない…。

それは
前クールの
「幸せになろうよ」というお仕着せがましい
タイトルのラブコメディと同じ展開…

だけど
前クールドラマは、その煮え切らなさに観ている
こちらがマジ切れしそうになるほどウダウダした
印象ばかりで、ほとほとコメディとは程遠い仕上がり
具合でありました。

それに対して
「全開ガール」の場合は、くっつきそうでくっつかない
感じがコメディとしてきちんと描かれているから
とてもいいのよネ。

まあ
他のドラマと比較するのもなんなのですけど
「幸せになろうよ」のコメディは物語の中心以外の
脇役たちにおんぶにダッコだったのが致命的なわけ。

「全開ガール」に好感持てるのは、
コメディの要素が、物語の中心軸にしっかりと
あるのがいいわけよ。

AAA狙いの不器用な女と
その女からダンゴ虫扱いを受けているイクメン男子
の不器用な者同士の恋愛という物語が面白い。

そして

このドラマのツボは
恋愛の主役であるはずの大人がどこか子供っぽく
幼稚であるはずの子供たちが大人っぽい
という立場を逆転させているところにあると
思うんですわ。

日向(谷花音)とビー太郎(高木星来)の二人が
いいですよネ。

なんたって
子供たち自らが大人たちの恋のキューピット役を
買って出ているわけで、しかも、わざと忘れ物をしたり
して若葉と草太をスイカ割り大会に参加させようと
するなど、なかなか功名な手口を使ってのキューピットぶり
には恐れ入ります。

大人が子供っぽく
子供がおませさん

こんなところに微笑ましさがあるんですネ。

若葉が必死に振り払うダンゴ虫草太もユニークだし
まったくの脇役だけれども、ブツブツと念仏のように
ウンチクを垂れるモーリス 佐古田(佐藤二朗)にも
どんどんはまりそうです。

笑えます。

kannjyani.jpg
《メール便なら送料無料》【CD】関ジャニ∞エイト /ツブサニコイ
《2枚セット:DVD付限定盤+通常...


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。


               
このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2011-08-10 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。