成海璃子、松田翔太、高橋克実「ドン★キホーテ」第6話 - ドラマな人々@遊Blog

成海璃子、松田翔太、高橋克実「ドン★キホーテ」第6話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

成海璃子、松田翔太、高橋克実
「ドン★キホーテ」第6話
カメラマン初体験


を観ました。
⇒⇒ドラマレビューならブログ村⇒

matsudasyouta.jpgriko3.bmptakahashikatsumi.jpg


今回は一番良かったかもネ。

成海璃子ちゃん…
じゃなくて

『幸子、大人の階段を一段昇る!』

の回でした。

城田(鯖島)のカメラ助手を務めることになった
幸子が扱き使われながら、少しずつ、頑張ることの
楽しさや、苦労の先にある喜びなんかに気付きはじめ
ていく過程が、わりと丁寧に描かれていて良かったですネ。

大人への不信から
大人への信頼に…

素直な気持ちを大切に
相手にも、自分にも素直になる…

いつまでも自分のことを大人に決めてもらうのでなく
自分の考えを大切にし、自分の考えで決めていく。

少し、大人になった幸子の物語でした。
⇒⇒動画サイトを探すなら⇒

riko1.jpg

そんな幸子を険しい顔をしながら怒鳴りちらしながらも
内心、優しく見守っていたのが城田。

この男…
城田ではなく、中身は鯖島なわけですが、
この男は見ていないふりして、しっかり見ているタイプ。

やはり、どんな組織でもリーダーである組長ともなれば
人の気持ちを汲み、人の動かし方を知り、人からの信頼
される要素を持ち合わせているってことです。

駿くんが母親に引き取られる際にも
目線は逸らしているものの、駿くんを想う気持ちが
駿くん自身に十分伝わっているようで、なかなか
泣かせるキャラではありませんか。

幸子が母親の家に会いに行くと言えば、
すかさず鯖島(城田)に車を用意させるなど
心憎い気遣いもできる男なんですね、城田…
いえいえ鯖島って男は。


それにしても

SDカードのなんたるかを知らなかったとは…
トホホの極み。

◆⇒【送料無料】「デジタル一眼レフ」
手軽できれいなテーブルフォトの撮り方教えます


でも

そのおかげで幸子の写真が採用されることになり、
自らの失態を隠して幸子に花をもたせる形にし、
人間の器の大きさをアピールするような形で
事態をまとめてしまうところなど

まあ

災い転じて福となす

のことわざがありますが、
人の上に立つ人間には、そんな理屈を超えた
不思議な運やパワーが備わっているってことですネ。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-08-14 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。